Feature NAFICの特長

voice

フードクリエイティブ学科

ドノスティア(大阪)
調理

2019年3月卒
井上 寿規 さん
オーベルジュでの実践的な学びが今の仕事に活かされています。

NAFICでは、料理の技術はもちろん、一流のおもてなしや、農業を通した食材の知識など、他の学校には無い幅広い知識や技術を学ぶことができました。特に、オーベルジュ実習では、実際にお客様を相手に経験を積むことで、実践的な能力を身につけることができました。

現在は、大阪のレストランで料理人として働いています。学校での学びが活かされていると強く感じています。

森のオーベルジュ星咲
(曽爾村)独立開業

2018年3月卒
芝田 秀人 さん
NAFICの学びを活かして“食”で地元に貢献。

私の地元・曽爾村は自然豊かな美しい村で、観光客の誘致に力を入れています。飲食店で働いていた私は、「食」を通じて地元を盛り上げたいと思い、NAFICに入学。開業に関するスキルや調理技術を学び、念願のオーベルジュをオープンすることができました。

卒業後もNAFICに相談し、様々なサポートを受けることができ、大変助かりました。これからは、オーベルジュを軌道に乗せ、地元に貢献していきたいと思います。

海外研修

2019年3月卒
宮木 恵一 さん
キャリアパス支援制度を活用して海外研修へ。

肉が大好きなんです。食肉商社に勤め、生産や仕入れ、流通を学んできましたが、さらに調理の技術から経営まで身につけたく、この学校を選びました。肉とフランス料理、サラリーマンにも喜んでもらえるような店の開業を、夢見てきました。そのためには世界の肉をもっと勉強したい。

卒業後は世界へ羽ばたくベストマイスター賞の副賞を利用して、ニュージーランドへ海外研修に行き、帰国後に奈良で開業する予定です。

ラヴィーユ〜都〜
(明日香村)独立開業

2019年3月卒
塚原 都充 さん
夢の開業に向けてカフェにチャレンジ。

明日香村のチャレンジショップでカフェを開業することになりました。学校では、調理技術をはじめ、開業計画のサポートなど色々と手助けをしていただきました。

色々なお菓子作りを学べるペイストリー&スイーツや、各国料理が学べるジャパニーズ&ワールドなど、料理に応用する技術や知識が実践的に養える授業が、特に役立ちました。NAFICは夢を実現できる学校。この学校にきて有意義な学びができたと思います。

アグリマネジメント学科

果菜・花 育苗
(宇陀市)親元就農

2019年3月卒
浦田 尚紀 さん
様々な視点で農業ビジネスを学んだ経験が経営ビジョンに活かされています。

花や野菜の苗を扱う実家の農場で働きながら、週3日は同業の大手農家で栽培技術を学んでいます。将来的には家業の法人化を目指しているので、学生時代にマネジメントや流通に関する現場の話を聞けたことは貴重な経験となっています。農業経営の現状を知ることで、農業人口が減ってきているからこそ日本の農業の価値は今後さらに高まると確信しています。

今後もNAFICで身につけた知識を活かし、農業界の発展に貢献したいです。

上田育苗
(三宅町)法人就農

2018年3月卒
下塩見 樹 さん
それぞれの学生に応じた細やかなサポート体制が安心です。

NAFIC在学中は主にトマト栽培を学び、病気にかかりにくい苗を作るための接ぎ木に興味を持ちました。苗の出来によって、野菜の生育や収量が大きく影響されることも実感しました。育苗に関心があった私は、短期派遣研修で多くの接ぎ木苗を生産・販売しておられる農業法人でお世話になり、その研修先に就職しました。

私のようにNAFICには学生一人ひとりの希望に応じた研修先・就職先をコーディネートしてくれる体制があります。また、仕事の段取りをするにあたっては、自らが考えて実習に取り組んだことが役立っています。

F(生駒市)新規就農

2018年3月卒
藤原 大輔 さん
NAFICでの様々な出会いが卒業後も大切なつながりとなっています。

私は、生駒市でイチゴの高設栽培をしています。専門実習において早くからイチゴ栽培の基礎を学べ、販売や経営についての知識も身につけることができたことは非常に役立っています。インターンシップ実践実習では奈良市のイチゴ農家で研修しましたが、栽培だけでなく販売の考え方を教わったり、他の農家の方々と知り合う機会も作っていただきました。

NAFICではフードクリエイティブ学科も含めて多くの幅広い年代の同級生と出会えたことは大きな財産です。これらの人との関わりを大切にし、多くの人を幸せにできる農家を目指しています。

のむノムふぁーむ
新規就農

2019年3月卒
野村 幸永 さん
インターンシップ先での経験が貴重な財産になっています。

私は施設ホウレンソウを中心とした経営で、将来は地域での雇用創出、農家レストランの運営などを目指し、新規就農しました。2年間 NAFICの圃場でホウレンソウ栽培を学び、インターンシップ実践実習で家族経営の農家や農業法人で研修したことによって、規模の異なる経営を知ることができ、今後の経営を考えるにあたって貴重な経験となりました。

農業は大変な仕事ですが、農業経営者を志す同級生は刺激になり、助け合えるところは助け合い、それぞれの夢を実現するために頑張っていきたいです。