Introduction 学科紹介

message

学生からのメッセージ

アグリマネジメント学科
守 舞華 さん
NAFICで身につけた知識や技術を奈良の観光資源に。

1人1ほ場で実習ができる点にひかれ、NAFICへ進学。入学早々、ネギとトマトの栽培に携わりましたが、先生が横についてくれるので安心して作業の基礎を修得できました。

2学期になると学生が主体となるので、自ら課題を設定し解決する技術が身につきます。2年次にはプロジェクト実践実習でより深く栽培技術を習得し、短期派遣研修は観光農園に行き、将来は観光農園の経営を目指したいと考えています。

講義で教わったマーケティングなどの専門知識も役立てながら、奈良の活性化に貢献したいですね。

アグリマネジメント学科
西 直也 さん
効率化を追求し、実家の柿農業を活性化させたい。

実家の柿農家を継ぐため、農業の基礎を学びにNAFICへ入学。1年次はキュウリの栽培を中心に、生産から出荷までの一連の作業を徹底的に身につけました。

2年次のインターンシップ実践実習では、卒業後を見据えて、本格的に柿の栽培について学びたいと思っています。

農業の実際の現場は人手不足が深刻なので、いかに効率よく栽培できるかが課題です。より良い栽培方法を追求することはもちろん販売や労働環境も考えた営農ビジョンを持てるようにしたいです。

アグリマネジメント学科
土岩 万里 さん
普通科高校出身でも夢や目標があれば農業は始められます。

祖父がイチゴを栽培していたことから、農業に興味を持ちました。NAFICでは基本的に希望の野菜や果実を育てることができるので、入学後すぐにイチゴの栽培を学べたことは幸運でした。また、フードクリエイティブ学科から「この野菜が欲しい」と依頼されることがあり、誰かのために野菜を育てるやりがいを感じられます。

農産加工実習で自作のイチゴをジャムにしたり、川下ニーズ販売実習で販売のセンスを磨いたりと、6次産業化を見据えた授業もあり、非常に実践的な環境だと日々実感しています。

奈良県のトップランナーからの
応援メッセージ

奈良県指導農業士
柳川 公成 氏
農業は自分を磨く職業。

私は施設トマトを中心とした経営をしています。すぐに答えの返ってこない野菜や土の気持ちを想像しながら必ず生き物は答えを出してくれることを信じて、心を込めて育てています。

そして消費者の手に届いた時、違ったかたちで答えを出してもらえる。こんな遠回りだけれどひと手間かけたことが報われる明解な農業が好きです。君達もこんな農業に魅力を感じているのなら自分の可能性を信じて本気で挑戦してみてください。

有限会社 山口農園 代表取締役 社長
山口 貴義 氏
農業はすばらしい産業です。

農業は生きる為の根幹となる産業で、それを仕事にできることは人生において大義となり生活していく上でも大きな意味を持つと思います。

ただ品種の改良、さらに物流や流通の進化によって海外からの農畜産品や加工品も増え、農業だけで生計を立てるのは
非常に困難な時代になりました。

これから新規就農を目指される方は生産技術だけでなく、
経営的な事も同時に勉強されることが必要です。将来、
農業を盛り上げていきましょう。

奈良市4Hクラブ
前田 真紗子 氏
ここで出会う仲間がとても大切な繋がりに。

私はイチゴを中心に栽培しています。夏は苗作り、冬は収穫作業で大変ですが、赤く実ったイチゴを見ると自然とやる気が湧いてきます。また若手農業者の集まりに参加し、農業に関する色々な意見交換をしています。

時には、お互いの農作業を手伝ったりもします。農業は1人でするイメージがありますが、実は助け合える仲間やパートナーが非常に大切です。NAFICでは、知識や技術だけでなく、多くの仲間を作る貴重な場だと思います。

奈良県農業大学校(現NAFIC)卒業生
藤本 小百合 氏
NAFICでの出会いが、新たな出会いにつながる。

私は農業大学校で大切な仲間に出会いました。もともと農家を継ぐつもりで技術を磨くために入学した農大でしたが、素敵な出会いが縁となり、現在は、両親、夫とともに農業を営んでいます。2歳の娘は、畑へ連れていくと目を輝かせて本物の旬を体感し、自然に野菜のおいしさを喜んでくれます。

今でも農大卒業生ということで新たな「出会い」につながることも多く、感謝しています。農大での「出会い」が、今の私に活かされています。