Staff Blog

スタッフブログ

  • 2021.08.06

    10月16日(土)・17日(日) 「ならっ子アートスタジオ」inイオンモール橿原 を開催します!

    世界で注目されている教育法「レッジョ・エミリア・アプローチ」を取り入れながら、今回は、奈良の素材の「墨」を使った未就学児対象の幼児向けアートプログラムと幼児教育の専門家 永渕泰一郎さんの講演会を開催します。講演会はオンライン配信も予定しています。
    ご興味のある方はぜひ、体感してみませんか?みなさんのご応募をお持ちしております。

    当日は、なら歴史芸術文化村の紹介パネル展示も行っておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

    イベントについて詳しくはこちらから↓
    https://www3.pref.nara.jp/bunkamura/news/

    墨と炭の世界

     
     
  • 2021.06.17

    現在、10月に予定している幼児向けアートプログラムのプレイベントに向けて絶賛準備中です。

    奈良の素材を使った墨と炭のワークショップを企画しております。

    墨と炭にはどんなちがいがあるのか、そのヒミツをみんなで素材をさわって感じられたらと考えてます!

    イベントのお知らせも随時アップしていきますので、どうぞお楽しみに!

    墨と炭

    墨

  • 2021.06.17

    なら歴史芸術文化村では、開村後の子どもたちのアートプログラムで使用する素材を探しています。

    今回は、素材のひとつとして、「蓮の花托」(写真参照)を五條市にある蓮で有名な生蓮寺さんからいただいてきました。

    蓮は泥の中から美しい花を咲かせます。その美しい花を咲かせるその姿が仏教では、仏の智慧や慈悲の象徴となっています。

    泥の中に足をとられながら必死に収穫した蓮たち。
    その数は、約300個!
    泥まみれの蓮の花托をゴシゴシと一つ一つ、歯ブラシで丁寧に洗い、その後天日干し。

    カラッカラに乾いた蓮の花托たち。
    開村後のワークショップの素材として使用したいと思います。
    この何ともいえない蓮の花托を前にどのような作品ができるのか、とても楽しみです。

    蓮の花