CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)
HOME治療するがん治療 > 口腔ケアについて

治療する

治療に必要な情報

口腔ケアについて

口腔ケアのポイント

  • むし歯や歯周病、抜歯などの治療は、がんの治療中や手術後には困難になる場合があります。日頃の口腔ケアとともに、がん治療の前に口腔チェックを受けるようにしましょう。
  • がん治療開始後も口腔ケアを続ければ、口腔内のトラブルを最小限に抑えられます。

きれいなお口は回復への第1歩(歯科医師からのメッセージ)

  • お口の中の状態を良くしておくことで、手術後お口からの食事開始がスムーズになり、全身状態の回復を早めます。
  • お口の中を清潔にすることは、抗がん剤や放射線治療で起こりやすい不快症状を軽減し、食事がしやすくなることで体力の維持に役立ちます。
  • 全身麻酔では気管の中に管を入れますが、その時に歯が折れたり抜けたりしないよう歯を守る準備ができます。
  • お口の中の細菌を減らすことで、手術後の肺炎のリスクを少なくします。
  • 口や喉、食道などの手術の場合、お口の中の細菌を減らしておくことで、傷口が感染するリスクを減少できます。

奈良県歯科医師会 常務理事 藤井康伯

詳しくは奈良県歯科医師会へご相談ください。

TEL 0742-33-0861
ホームページ 一般社団法人奈良県歯科医師会

冊子のご案内

がんと療養シリーズ がん治療と口内炎「がんと療養シリーズ がん治療と口内炎」
(国立がん研究センターがん対策情報センター 発行)
がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで入手・閲覧できます。
また、ホームページ 国立がん研究センターがん対策情報センター からダウンロードできます。

「歯医者さんへ行こう。治療前からのお口のケアのすすめ」
(一般社団法人 奈良県歯科医師会 発行)
歯医者さんへ行こう。治療前からのお口のケアのすすめ(493KB)