がんネットならトピックス
HOME参加する > 【奈良県総合医療センター】公開講座 がんになっても自分らしく過ごすためにを開催します。

参加する

研修・イベント案内

【奈良県総合医療センター】公開講座 がんになっても自分らしく過ごすためにを開催します。

イベント等名称

【奈良県総合医療センター】公開講座 がんになっても自分らしく過ごすために~在宅緩和ケアを始めよう~

開催日

平成28年2月13日(土)

開催時間

14:00~16:00

当日の受付時間

13:30~

主催団体

奈良県総合医療センター

開催場所
住所

奈良市学園南3丁目1番5号 西部会館3F

施設名

学園前ホール

料金

無料

対象者

どなたでも

申し込み方法等

申し込み不要
定員300名

問い合わせ先
担当部署、担当者名等

奈良県総合医療センター 地域医療連携室

電話

0742-46-6001

備考

緩和ケアとは、がん治療と並行して受けるこころやからだのつらさを和らげる医療です。その緩和ケアが自宅で受けられるのを知っていますか。住み慣れた自宅で自分らしく療養できるよう、病院と地域が連携して行う「在宅緩和ケア」をご紹介します。<開会挨拶>  菊池 英亮(奈良県総合医療センター 院長)<リレー講演> 座長:渡辺 明彦(奈良県総合医療センター 集学的がん治療センター長)  ・治療医がすすめる!がん治療中から始める緩和ケア    小林 真也(奈良県総合医療センター 腫瘍内科 医長)  ・病院看護師からすすめる!こんなときこそ在宅緩和ケア    松原 操(奈良県総合医療センター がん性疼痛看護認定看護師)  ・在宅医が教える!在宅緩和ケアの現状と問題点    森井 正智(ホームホスピスひばりクリニック 院長)  ・訪問看護師に聞く!治療中の在宅緩和ケア    志茂 友紀子(訪問看護ステーションなでしこ 所長 訪問看護認定看護師)  ・ケアマネージャーがつなぐ!在宅緩和ケアと介護保険     大谷 紋子(近鉄スマイルあやめ池ケアプランセンター 主任介護支援専門員)<質問コーナー>講演講師、座長の6名が皆さまの質問にお答えさせていただきます。<閉会あいさつ>杉本 和也(奈良県総合医療センター 副院長)http://www.nara-hp.jp/wp/wp-content/uploads/2016/01/0213公開講座チラシ.pdf