CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)
HOME治療するがん治療 > がん治療と日常生活のすごし方

治療する

治療に必要な情報
(更新日2014年03月31日)

がん治療と日常生活のすごし方

食事と栄養について

食事のポイント

  • 治療を受けるにも体力維持は重要です。そのために食事をとることは大切なことです。
  • あまり神経質にならずに、バランスの良い食事をゆっくりと食べるようにしましょう。
  • 体の調子に合わせて、時には、好きなものを少しでも食べるようにすることが大切です。
  • お困りのことがあれば、がん相談支援センターにご相談ください。

冊子のご案内

「食事に困ったときのヒント(改訂版)」「食事に困ったときのヒント(改訂版)」
「苦しい時の症状別Q&A」

(公益財団法人がん研究振興財団 発行) 
がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで入手・閲覧できます。
また、ホームページ 公益財団法人がん研究振興財団 からダウンロードできます。

おいしく楽しく食べてこそ!(管理栄養士からのメッセージ)

糖尿病など他の病気をお持ちの方の中には、がん治療中でも食事療法を続けようとする方が見受けられます。
がん治療に「食事制限」は不要です。
【がん治療中の食事療法は「食べられるものをがんばり過ぎない程度に食べること】
食べた方が良いものも、食べない方がよいものもありません。

不安な時は、医師や栄養士、看護師などに相談してみてください。

奈良県立医科大学附属病院 管理栄養士 山口千影

口腔ケアについて

口腔ケアのポイント

  • むし歯や歯周病、抜歯などの治療は、がんの治療中や手術後には困難になる場合があります。日頃の口腔ケアとともに、がん治療の前に口腔チェックを受けるようにしましょう。
  • がん治療開始後も口腔ケアを続ければ、口腔内のトラブルを最小限に抑えられます。

詳しくは奈良県歯科医師会へご相談ください。

TEL 0742-33-0861
ホームページ 一般社団法人奈良県歯科医師会

冊子のご案内

がんと療養シリーズ がん治療と口内炎「がんと療養シリーズ がん治療と口内炎」
(国立がん研究センターがん対策情報センター 発行)
がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで入手・閲覧できます。
また、ホームページ 国立がん研究センターがん対策情報センター からダウンロードできます。

きれいなお口は回復への第1歩(歯科医師からのメッセージ)

  • お口の中の状態を良くしておくことで、手術後お口からの食事開始がスムーズになり、全身状態の回復を早めます。
  • お口の中を清潔にすることは、抗がん剤や放射線治療で起こりやすい不快症状を軽減し、食事がしやすくなることで体力の維持に役立ちます。
  • 全身麻酔では気管の中に管を入れますが、その時に歯が折れたり抜けたりしないよう歯を守る準備ができます。
  • お口の中の細菌を減らすことで、手術後の肺炎のリスクを少なくします。
  • 口や喉、食道などの手術の場合、お口の中の細菌を減らしておくことで、傷口が感染するリスクを減少できます。

奈良県歯科医師会 常務理事 藤井康伯

体調管理について

体調管理のポイント

  • 規則正しい生活が大切です。
  • 活動と休息のバランスを大切にしてください。
    (適度な活動は体調維持に必要ですが、昼寝などの休息を生活にうまく取り入れることも重要です。)
  • ご家族、ご友人、医療者、がん相談支援センターなど、あなたの体調と治療、生活を支援してくれる人を多く見つけましょう。

冊子のご案内

がんになったら手にとるガイド 普及新版がんになったら手にとるガイド 普及新版
(国立がん研究センターがん対策情報センター編著)
がんと診断されたらまずはじめに読む本として、がん患者さんやその家族の方に活用していただきたい情報がまとめられています。書店で購入できます。また、ホームページ 国立がん研究センターがん対策情報センター からダウンロードできます。

症状について医療者と十分に話し合いましょう(専門看護師からのメッセージ)

がんによる痛みなどの症状、治療の副作用による吐き気、味覚障害、しびれなどの症状が出現した場合、「その症状がいつどのような時に強くなるのか」「日常生活にどのような影響を受けているのか」などを医療者にできる限り詳しくお話しください。そして、あなたの症状を改善させる方法を医療者とともに話し合いましょう。あなたがよいと思う対処方法と医療者がお勧めする対処方法を持ち寄って、あなたのための対処方法をともに見出しましょう。
 体調管理の第一歩は、症状と対処方法について医療者と十分に話し合うことだと思います。

奈良県立医科大学附属病院 がん看護専門看護師 梅野京子

不安や落ち込みについて

体調管理のポイント

  • がんの治療には心のケアも含まれます。
  • 外来通院中は、緩和ケア外来にて受診できます。担当医にご相談ください。

冊子のご案内

がんと療養シリーズ がんと心「がんと療養シリーズ がんと心」
(国立がん研究センターがん対策情報センター 発行)
がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで入手・閲覧できます。
また、ホームページ 国立がん研究センターがん対策情報センター からダウンロードできます。

つらい気持ちを話してみましょう(精神腫瘍医からのメッセージ)

近年、がん治療の成績は向上しており、がん=死ではなくなってきてはいますが、依然、進行がんの治癒は難しいのが現状です。
それゆえ多くの方ががんになると死を連想して強い衝撃を受け、絶望的な気持ちに陥ります。気持ちが落ち込み、やる気や集中力が低下し、食欲の低下や不眠が続くなど、日常生活がうまく送れなくなることも多く見られます。
しかし、これらは人がストレスに直面した時に見られる通常の反応なのです。誰にでも起こりうることです。
不安を自分一人で抱え込んでも解決することは困難です。家族、友人、担当医、看護師、あるいはがん相談支援センターなどの信頼できる人に自分の気持ちを話してみてください。話すことで落ち着き、今後についても考えられるようになるでしょう。

奈良県立医科大学附属病院 緩和ケアセンター長 四宮敏章