Feature NAFICの特長

voice

フードクリエイティブ学科

森のオーベルジュ星咲~きらら~
(曽爾村)独立開業

2018年3月卒
芝田 秀人 さん
NAFICの学びを活かして“食”で地元に貢献。

私の地元・曽爾村は自然豊かな美しい村で、観光客の誘致に力を入れています。飲食店で働いていた私は、「食」を通じて地元を盛り上げたいと思い、NAFICに入学。開業に関するスキルや調理技術を学び、念願のオーベルジュをオープンすることができました。

卒業後もNAFICに相談し、様々なサポートを受けることができ、大変助かりました。これからは、オーベルジュを軌道に乗せ、地元に貢献していきたいと思います。

北島亭(東京) 調理

2020年3月卒
梅﨑 綾音 さん
NAFICでの経験が力強く後押し。大手リゾート会社のサービス担当に。

在学中は、就職活動の一環でよくレストラン巡りをしていました。今働いている「北島亭」もそこで出合ったお店の一つです。料理やサービスに感激し、その場でインターンシップを申し込みました。現場は常に時間との勝負でしたが、オーベルジュ実習で鍛えた、作業効率を意識した立ち回りで乗り越えました。

同店から内定をいただいたのは、自身の熱意もさることながら、NAFICの指導のたまもの。本当に感謝しています。

星野リゾート「界 加賀」
(石川)サービス

2020年3月卒
成岡 彩芽 さん
NAFICでの経験が力強く後押し。大手リゾート会社のサービス担当に。

NAFICのオーベルジュ実習で、プロの「おもてなし」に衝撃を受けたのが、サービスという職種に興味を持ったきっかけ。また、私自身、各地の伝統文化が好きで、多くの人に魅力を伝えたいという夢を持っていたので、こうした思いを胸に星野リゾートの採用試験に臨みました。

周りは4年制大学の方ばかりでしたが、調理からサービスまでの一連の経験をアピールできたことが、結果につながったと思います。

アグリマネジメント学科

柿栽培
(天理市)新規就農

2020年3月卒
宇野 千穂 さん
アグリ卒業生とフード卒業生との連携で“farm to table”を実現。

実家の果樹園が長く放任されていたので、私が継ぎたいと思いNAFICに入学しました。在学中から、NAFICの先生や現地実習先の先輩農家さんからアドバイスをもらい、自分の農園の柿の剪定をしたり、排水用の溝を掘るなど就農に向けた準備をすすめていました。そのかいあって就農1年目からスムーズに柿やイチジクを出荷することができました。また、在学中に仲良くなったフード学科生と卒業後も連携し、私の育てたイチジクなどをお店のデザートメニューに使ってもらっています。今後は収量を増やすとともに、ドライフルーツなどの加工にも取り組んでいきたいと考えています。

ゆりかごファーム
(広陵町)新規就農

2018年3月卒
山﨑 智嗣 さん
NAFICでの学びがイチゴ農家としての礎になっています。

私は、広陵町でイチゴの高設栽培をしています。NAFICでは、専門実習の中でイチゴ栽培を基礎から学べ、非常に有意義な日々を過ごすことができました。加えて、農家での現地実習では、産地である明日香村で研修を受けることができ、受け入れ先の農家の方からも、実践的な栽培技術や経営の考え方を学ばせていただきました。

NAFICでの2年間でつながることのできた先生や農家の方々、一生懸命に農業をしている仲間は、私の大きな財産です。これからも、食べた人が笑顔になれるおいしいイチゴを作り続けていきたいと思います。

永座農園
(葛城市)法人就職

2019年3月卒
守 舞華 さん
積極的に取り組めば、自分に合う進路がきっと見つかります。

NAFIC在学中の短期インターンシップでお世話になった農業法人に就職しました。在学中は、先生にやりたいことを相談するととことんまで付き合ってくれて、とても有り難かったです。先生の指示を待つのではなく、自分で考えることが力になったと思います。就職先では年間10品目以上の野菜を生産していますが、どれもNAFICで栽培方法を教わった品目です。始めは指示のあった作業を行うだけでしたが、今ではほ場を見て必要だと思う管理作業もできるようになりました。仕事を任せてもらえ、成果が出ると評価してもらえるところにやりがいを感じています。