ツツジの名所・古代ロマンあふれる神の山を歩く

  • ツツジの名所・古代ロマンあふれる神の山を歩く
  • 大和高原の中央にそびえる神野山は、神様が宿る山として古くから信仰の対象となってきました。その中腹に広がる鍋倉渓は、巨石が形づくる大河として、見る者を圧倒します。
    コースには、天狗岩、八畳岩、竜王岩、北斗岩など巨石がいっぱい。これが鍋倉渓とあわせて、縄文時代の天体の姿を地上に再現したものでは、という古代ロマンあふれる説もあり、最近はパワースポットとしての人気も急上昇です。初夏に全山を染めるツツジや秋の紅葉、山頂からの360度広がる眺望は絶景。
    こう配が緩やかなコースは、ピクニックやハイキングに最適です。「めえめえ牧場」の人懐っこい羊たちの笑顔は心をなごませ、特産「大和茶」の茶畑が広がる風景は、旅する人の日ごろの疲れを癒し、家族そろって楽しめるコースとなっています。

畠田古墳

畠田古墳

直径15m、高さ4m以上の円墳で、南に開口する全長5.9mの両袖の横穴式石室をもっている。玄室から須恵器の杯蓋(つきふた)と高杯、鉄鏃(てつぞく)、金環、刀装具、ガラス小玉などが出土し、出土した金環3点のうちの2点は1セットで銅芯金張りの優品。出土遺物や古墳の築造法などからすると、7世紀初頭に渡来人か渡来文化の基礎知識をもつ人によって築造された古墳であると考えられている。つ人によって築造された古墳であると考えられている。

明神山

明神山

大和川をはさんで信貴山と向かい合う明神山(標高273.6m)は、金剛山脈の最北端にあり、西側は大阪府に属し
ている。この山頂からは360度のパノラマが楽しめる。大阪平野や奈良盆地が一望できるのはもちろん、晴れた日
には明石海峡大橋を見ることもできる。

尼寺廃寺跡(にんじはいじあと)

尼寺廃寺跡(にんじはいじあと)

僧寺と尼寺の関係が指摘される北廃寺跡と南廃寺跡からなる7世紀後半に創建された寺院跡。塔の基壇から日本で最大級の規模を誇る心礎が出土。東西、南北ともに幅3.8mほどもある大きさの石。北に金堂、南に塔を配置し、それらを回廊で囲む東向きの法隆寺式伽藍配置である。
現在、国史跡の公園として整備されています。

乳垂地蔵(ままたれじぞう)

乳垂地蔵(ままたれじぞう)

わが子の乳母のお乳が少ないことを案じた推古天皇が、この地蔵に祈願したところ、たちまちに乳母のお乳が出
るようになったといわれている。他に、中世の石造物などがある。