信仰は峯々を越えて・世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道「小辺路」

  • 信仰は峯々を越えて・世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道「小辺路」
    信仰は峯々を越えて・世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道「小辺路」

    地図を印刷出力及びご覧になりたい方はこちら(PDF3910KB)

    信仰は峯々を越えて・世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道「小辺路」コンビニで地図を印刷出力PDF
  • 熊野参詣道小辺路は、真言密教の総本山・高野山と熊野本宮という二大聖地を最短距離で結ぶ参詣道で、熊野本宮から高野山へ向かう場合は「高野道」とも呼ばれていました。
    伯母子峠・三浦峠・果無峠と1,000メートル級の峠を3つ越えて熊野本宮へと至るハードなルートで、途中は山登りのきついアップダウンを繰り返しますが、石仏や地蔵、苔むした石畳、茶屋跡や屋敷跡等、昔の古道の雰囲気を数多く残しています。
    この参詣道は、ほとんどが山中を通り、昔ながらの歩き旅を体験することができます。
    ウォーキングメモ
    スタート南海りんかんバス バス停「千手院橋」(南海電鉄高野山駅前からバス)
    ゴール奈良交通・龍神バス・熊野交通・明光バス バス停「本宮大社前」(各バスで五條駅、紀伊田辺駅、白浜駅、新宮駅、勝浦駅へ)
    ルート全長約75キロメートル
    ルート分類難易度5友達と泊まって歩く奈良・平安時代鎌倉・室町・戦国・江戸時代古道・古街道おすすめ眺望ハイキング自然探勝の道世界遺産暫定登録地奈良県南部エリア

    歩き方

    本格的な山歩き。事前に十分な計画をたて、無理のない行程で。山歩きの経験の少ない方は、日帰りできる山で足慣らしをしてからトライしよう。全行程約75キロメートル。通しで歩けば3泊4日が標準。(ゆとりをもって高野山での前泊、本宮での後泊をプラスするのがおすすめ)
    分けて歩くなら、前半は高野山から三浦口まで、後半は三浦口前泊で本宮まで歩くとよい。
    動物との遭遇もしばしば。危険動物に備えて鈴など音の出るものを携行しよう。入山時には登山届を提出しよう。
    1,000メートル級の峠を3つ越えてゆくハードなルート。一部舗装路もあるが、自然のままの山道や古くからの石畳の道を歩く。急なアップダウン、滑りやすい石畳道などに対応できる登山靴など十分な装備が必要。峠付近は気温が低いので防寒対策も忘れずに。
    高野山~十津川温泉は冬季の積雪に注意。冬場はお出かけ前に必ず確認。

    昼食

    ルート途中に購入できるところはない。宿でお弁当を用意してもらうことを忘れずに。

    休憩・飲み物

    ルート途中での入手は困難。
    1泊ごとに水分を補給、十分な水分の持参が不可欠。
    信仰は峯々を越えて・世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道「小辺路」高野山と熊野本宮、ふたつの聖地を結ぶ小辺路を行く関係市町村 観光情報
AdobeReaderダウンロードは、こちら
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。