以下のデータは、主に20112015年の奈良県地域がん登録(集約データ)を集計したものである。がん患者の初回診断(登録)情報であり、複数の病院から届出があった場合は集約して情報を1つにしているため、病院の届出数とはイコールにならない。

 

主な死因別死亡率の推移(2017)

各年の死亡数に占める割合を示している。本県におけるがんによる死亡数は、昭和541979)年に脳血管疾患を上回り、死亡原因の第1位となり、それ以降も増加傾向をたどっています。平成292017)年では4,079人が、がんで死亡し、総死亡数に占めるがんによる死亡数の割合は28.2%(全国27.9%)となっている。

がんの年齢調整死亡率の推移((2017

平成292017)年の75歳未満のがんの死亡率の推移を示している(人口10万対)。

がんの年齢調整死亡率(75歳未満、人口10万対)をみると、年々減少傾向にあり、平成292017)年では、67.6(全国73.6)となっており、平成18年以降、全国値を下回っている
主な部位別については、平成
29年の全国との比較では、肝がんは全国値を上回っているが、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がんは全国値を下回っている。

 

年齢階級別のがんによる死亡数(2017

平成292017)年の死亡数の状況を年齢階級別に示している。がんによる死亡数(人口10万)は、全国と同様に、40歳代以降、年齢が上がるにつれて増加している。また、総死亡数に占めるがんによる死亡の割合は、全国と比べて、男性については、5054歳、60歳代以降で高くなっている。また、女性については、全国と比べて3539歳、50歳代以降で高くなっている。

 

主な死因別死亡数(2018)

2018年の死亡数に占める割合を死因ごとに示している。 

 

がん種別死亡数 (2018)

2018年のがん種別の死亡数を示している。

 

がん種別死亡数(2011-2015年)

20112015年の5年間がん種別の死亡数を示している。