Events

イベント

2022年3月
イベント

  • 黒塚古墳の三角縁神獣鏡 さわってみよう!みがいてみよう!

    開催期間

    2022年4月24日(日)

    empty

    こども参加可申込終了無料

    開村記念特別展の開催にあわせて、黒塚古墳(天理市)から出土した三角縁神獣鏡(文化庁所蔵、橿原考古学研究所附属博物館保管、重要文化財)についてのワークショップを開催します。
    鏡の文様を型取りしてキーホルダーとマグネットに仕上げます。また、小型の銅鏡を実際に磨いてみましょう!完成したキーホルダー、マグネット、銅鏡はお持ち帰りいただけます。
     
    ※汚れてもよい服装でご参加ください。
    ※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合があります。 ご来場前に必ずウェブサイトにて開催の有無をご確認ください。
     

    イベント概要

    • 日時

      2022年4月24日(日)

    • 時間(詳細)

      13:30~15:00

    • 会場

      文化財修復・展示棟 1階 考古遺物修復工房
      ※集合場所 1階ロビー

    • 料金

      無料

    • 定員

      10名
      対象:小学生以上 ※小学校低学年のお子様の場合は、大人の付き添いをお願いします。

    • 申し込み

      定員に達したため、受付を終了しました。

    • 主催

      奈良県立橿原考古学研究所

  • 黒塚古墳の三角縁神獣鏡 さわってみよう!みがいてみよう!

    開催期間

    2022年4月23日(土)

    empty

    こども参加可申込終了無料

    開村記念特別展の開催にあわせて、黒塚古墳(天理市)から出土した三角縁神獣鏡(文化庁所蔵、橿原考古学研究所附属博物館保管、重要文化財)についてのワークショップを開催します。
    鏡の文様を型取りしてキーホルダーとマグネットに仕上げます。また、小型の銅鏡を実際に磨いてみましょう!完成したキーホルダー、マグネット、銅鏡はお持ち帰りいただけます。
     
    ※汚れてもよい服装でご参加ください。
    ※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合があります。 ご来場前に必ずウェブサイトにて開催の有無をご確認ください。
     

    イベント概要

    • 日時

      2022年4月23日(土)

    • 時間(詳細)

      13:30~15:00

    • 会場

      文化財修復・展示棟 1階 考古遺物修復工房
      ※集合場所 1階ロビー

    • 料金

      無料

    • 定員

      10名
      対象:小学生以上 ※小学校低学年のお子様の場合は、大人の付き添いをお願いします。

    • 申し込み

      定員に達したため、受付を終了しました。

    • 主催

      奈良県立橿原考古学研究所

  • 黒田大スケ ワークショップ「枝文字あいうえお」

    開催期間

    2022年5月3日(火・祝)

    empty

    こども参加可申込終了無料

    「文化村クリエイション」で招聘しているアーティスト、黒田大スケによるワークショップを開催します。
    アーティストは、いつもの景色を少し違った角度から見てみたり、考えてみたりすることが得意です。
    頭と身体を動かし、普段使わない筋肉を使ってみませんか?

    難易度:★★☆☆☆
    対象年齢:小学生以上
    *小学生は保護者同伴 *乳幼児など子連れでの参加可
     
     
    【黒田さんからのお誘い】
    このワークショップは、芸術村内の小山に登って落ちている枝で文字を書くアートワークを体験する内容となっています。大人から子供まで、思い思いに地の底の声をキャッチして文字に表してみましょう。何か新しいことを始めてみたいあなたのためのワークショップです。のんびり楽しいものを目指します。
     
     
    【オープニング展示 黒田大スケ『もぐら、二つの海』開催中】
    黒田さんの作品展示も行っています。
    詳しくはこちら:
    https://sites.google.com/view/bunkamura-kuroda/
     
     
    【黒田大スケ プロフィール】
    1982年、京都府生まれ。広島市立大学大学院博士後期課程修了。彫刻家、橋本平八の研究で博士号取得。作品制作の他に展覧会の企画運営もてがける。アーティスト・コレクティブ「チームやめよう」主宰。現在、関西を拠点に活動。彫刻に関するリサーチを基に、近代以降の彫刻家やその制作行為をモチーフとしたパフォーマンス的要素の強い映像を制作、シリーズとして展開している。
    主な近年の展覧会に、「どこかで?ゲンビ」 and DOMANI @広島「村上友重+黒田大スケ in 広島城二の丸」(2022)、「対馬アートファンタジア2020-21」対馬市,長崎(2021)、個展「祝祭の気配」トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー,東京(2021)、「未然のライシテ、どげざの目線」京都芸術センター(2021)、個展「不在の彫刻史2」3331 Arts Chiyoda、東京(2019)、「瀬戸内国際芸術祭2016」小豆島旧三都小学校,香川(2016)など。今夏、国際芸術祭「あいち2022」へ参加予定。

    イベント概要

    • 日時

      2022年5月3日(火・祝)

    • 時間(詳細)

      9:30~12:30

    • 会場

      芸術文化体験棟 1階集合

    • 講師

      黒田大スケ

    • 料金

      無料

    • 定員

      11名

    • 申し込み

      定員に達したため、申込受付を終了します。

    • その他

      雨天決行、大雨の場合は延期(参加者へ前日までにお知らせします)

  • 黒田大スケ ワークショップ「みつけるポートレート」

    開催期間

    2022年4月30日(土)

    empty

    申込終了無料

    「文化村クリエイション」で招聘しているアーティスト、黒田大スケによるワークショップを開催します。
    アーティストは、いつもの景色を少し違った角度から見てみたり、考えてみたりすることが得意です。
    今回は、黒田が作品を展示するプロセスをなぞることで、その手つきに触れられるかもしれません。経験は不問ですが、創作や展覧会に一歩踏み込んで体験してみたい方のご参加をお待ちしております!
     
    難易度 ★★★★★ 
    対象年齢:中学生以上
     
     
    【黒田さんからのお誘い】
     
    このワークショップでは、周囲の環境から自分に似たものを自画像あるいは自刻像として見出し、これを作品とする展覧会を作っていきます。作品制作から展覧会として見せるまでのプロセスを黒田なりに簡易的に抽象的に圧縮した内容で、作品や展覧会を作ることに興味のある方のご参加をお待ちしています。少し難易度が高いかもしれませんが、一緒に楽しんでいきましょう。
    当日は動きやすい服装でお越しください。
     
     
    【オープニング展示 黒田大スケ『もぐら、二つの海』開催中】
    黒田さんの作品展示も行っています。
    詳しくはこちら:
    https://sites.google.com/view/bunkamura-kuroda/
     
     
    【黒田大スケ プロフィール】
    1982年、京都府生まれ。広島市立大学大学院博士後期課程修了。彫刻家、橋本平八の研究で博士号取得。作品制作の他に展覧会の企画運営もてがける。アーティスト・コレクティブ「チームやめよう」主宰。現在、関西を拠点に活動。彫刻に関するリサーチを基に、近代以降の彫刻家やその制作行為をモチーフとしたパフォーマンス的要素の強い映像を制作、シリーズとして展開している。
    主な近年の展覧会に、「どこかで?ゲンビ」 and DOMANI @広島「村上友重+黒田大スケ in 広島城二の丸」(2022)、「対馬アートファンタジア2020-21」対馬市,長崎(2021)、個展「祝祭の気配」トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー,東京(2021)、「未然のライシテ、どげざの目線」京都芸術センター(2021)、個展「不在の彫刻史2」3331 Arts Chiyoda、東京(2019)、「瀬戸内国際芸術祭2016」小豆島旧三都小学校,香川(2016)など。今夏、国際芸術祭「あいち2022」へ参加予定。

    イベント概要

    • 日時

      2022年4月30日(土)

    • 時間(詳細)

      10:00~16:00
      *延長する場合があります

    • 会場

      芸術文化体験棟3階ほか

    • 講師

      黒田大スケ

    • 料金

      無料

    • 定員

      8名

    • 申し込み

      下記の申込フォームより、おひとりずつお申し込みください
      申込締切:4月29日(金)17:00まで
      * 申込を締め切りました。

    • その他

      雨天決行、大雨の場合は延期(参加者へ前日までにお知らせします)

  • 観音のいます地 三輪と初瀬

    開催期間

    2022年4月29日(金・祝日)~6月19日(日)(休館日を除く)

    empty

    無料

     
    「そこは、ほとけに守られた清らかなる土地」
     
    奈良県桜井市にある三輪と初瀬。
    神が宿る三輪山と祖霊が集まる初瀬の地は、古来霊場であり、大和の信仰の要地です。奈良時代には、この地で十一面観音菩薩像が祀られました。
    十一面観音菩薩は疫病や災難を取り除き、現世利益をもたらしてくれる仏として信仰され、人々は祈りを捧げてきました。
    十一面観音菩薩は現在も人々とともにあり、祈りに寄り添っています。
    本展では、この地に残る十一面観音菩薩像を紹介し、その信仰や歴史を眺めてみます。
     
     
    【主催】なら歴史芸術文化村
    【協力】東京藝術大学、奈良県立大学、桜井市
     

    イベント概要

    • 日時

      2022年4月29日(金・祝日)~6月19日(日)

    • 時間(詳細)

      午前9時~午後5時
      (入館は午後4時30分まで)

    • 会場

      文化財修復・展示棟 地下1階展示室

    • 料金

      無料

    詳しくはこちら(チラシPDF) 詳しくはこちら(チラシPDF)

  • 滋慶学園COMグループプレゼンツ ケント・モリ スペシャルライブ 

    開催期間

    2022年3月21日(月・祝)

    empty

    終了

    地域の子どもや学生が、一流のダンスアーティスト“ケント・モリ”による指導のもとダンスを練習。ケント・モリとともに成果発表を行うスペシャルライブを開催します。

    ダンスワークショップ参加者の関係者のみご観覧いただける予定でありましたが、お席に余裕があり、ケントさんのソロパフォーマンスも行っていただけますので、一般の方も是非ご覧いただきたたく、このたびライブを観覧いただく方を緊急募集します!
     
    【KENTO MORI(ケント・モリ)プロフィール】
    (マルチメディアアーティスト・ダンスアーティスト)

    マイケル ・ジャクソンやマドンナ、 世界が認めたダンスアーティスト

    これまでにマドンナ、クリス・ブラウン、アッシャー、ニーヨ、シアラ、チャカ・カーンなど、世界的トップアーティストの専属ダンサーを務め、世界の最前線の舞台・ツアーで活躍。 グラミー賞をはじめとする数々のアワードへの出演も果たし、 これまで全世界 5大陸50カ国 200以上の主要都市においてパフォーマンスを行う。近年はダイナミックな展開を取り入れた70曲以上ものオリジナル楽曲と、世界最高峰のデジタルアート集団 「Moment Factory」 との共同プロジェクトで開発した最先端のARをLIVEで生成するパフォーマンスを掛け合わせ、世界に未だ無い新しい表現を追求している。2021年より様々な自治体と日本の文化を発信する取り組みを展開している。

    イベント概要

    • 日時

      2022年3月21日(月・祝)

    • 時間(詳細)

      開場:16:00~16:30
      開演:16:30~17:30

    • 会場

      芸術文化体験棟 ホール

    • 講師

      ケント・モリ

    • 料金

      無料

  • 〈語る文化村〉episode3「考古学の魅力ー杣之内火葬墓の謎にせまる」

    開催期間

    2022年3月24日(木)

    empty

    終了

    【語る文化村】では、文化村にゆかりのあるゲストをお呼びし、それぞれの専門分野について語っていただきます。
    episode3では、山の辺地域における古墳群の調査研究などの実績を有する桑原教授が、文化村周辺の文化資源を紹介しながら考古学の魅力について、わかりやすく語ります。 
     
    【桑原久男プロフィール】
    1963年生まれ。京都大学で考古学を学び、国内外の遺跡調査に携わる。唐古・鍵遺跡の発掘調査を機に、弥生時代の考古学的研究を、さらに山の辺地域における古墳群の調査研究、文化遺産をめぐる現代的課題にも取り組む。1990年よりイスラエル国エン・ゲヴ遺跡、テル・レヘシュ遺跡の発掘調査に従事し、比較考古学の観点から、都市の形成と発達の歴史を探っている。
    現在、天理大学文学部歴史文化学科教授。
     

    イベント概要

    • 日時

      2022年3月24日(木)

    • 時間(詳細)

      13:30~15:00

    • 会場

      芸術文化体験棟 3階

    • 講師

      桑原久男(天理大学教授)

    • 料金

      無料

  • 修復工房見学ツアー

    開催期間

    毎日開催 (休館日を除く)(※土日祝日は修理技術者が不在しております。作業内容等によっては平日でも不在の場合があります。)

    empty

    無料

    文化財修復・展示棟では4分野(建造物、考古学、絵画・書跡等、仏像等彫刻)の修復工房を公開しています。
    専門職員の案内のもと、修復工房の見学ツアーを開催します。
     
     ●現在修理中の主な文化財 
     【建造物修復工房】   多坐弥志理都比古神社本殿
     【考古遺物修復工房】  天理市内出土品(前栽遺跡、平等坊・岩室遺跡、等)
     【絵画・書跡等修復工房】當麻寺奥院蔵・當麻曼荼羅図、南法華寺(壷阪寺)蔵・両界曼荼羅図、榮山寺蔵・栄山寺文書
     【仏像等彫刻修復工房】 東南院蔵・大日如来像、光堂寺蔵・四天王像、十輪院蔵・多宝塔   他
     
     
    ※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合があります。
    ご来場前に必ずウェブサイトにて開催の有無をご確認ください。
     

    イベント概要

    • 日時

      毎日開催(休館日を除く)
      ※事情により事前予告なしに中止する場合があります。

    • 時間(詳細)

      14:30から約40分

    • 会場

      文化財修復・展示棟
      集合場所 1階ロビー

    • 料金

      無料

    • 定員

      10名程度(先着順)

    • 申し込み

      当日13時から文化財修復・展示棟の受付で整理券を配布します。
      団体(10名以上)で参加を希望される場合は、事前にお問い合わせください。来館から2ヶ月前までのお問い合わせで対応可能か調整いたします。
      ※ 教育団体(修学旅行、社会科見学、遠足等)につきましても、2ヶ月前までにお問い合わせください。

    • その他

      ※土日は修理技術者が不在しております。作業内容等によっては平日でも不在の場合があります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    • 主催

      なら歴史芸術文化村

  • 高垣リミ おしゃべり会「あなたとヤギとリミと」

    開催期間

    2022年6月1日(水)~26日(日)(会期中の火、水曜日)

    empty

    無料

    奈良ゆかりのアーティスト交流プログラムvol.1「‐間(あいだ) のこと‐RIMI TAKAGAKI」のイベントです。
    アーティストの高垣リミさんや参加者の方たちと、気軽におしゃべりしませんか。
    芸術文化体験棟3階の交流ラウンジで美しい景色を眺めながらのひとときをお楽しみください。
     
    ●高垣リミのプロフィール
    1964年、石川県金沢市出身、金沢美術大学美術学科彫刻専攻卒業。大学時代の同級生、彫刻家・高垣勝康との結婚で、勝康の生家である奈良県橿原市に住みます。出産を機に石彫から転向、漆に魅かれます。漆器の制作過程で、漆の不純物を取り除く際に使用され廃棄される綿と出会い、試行錯誤を重ね、現在の制作法に到達しました。漆を含んだ綿は短時間で硬化するため、作品制作は時間との勝負。硬化という容赦のない現象との対峙が作品の力強さとなって表れるのかもしれません。
     
     
    「‐間(あいだ) のこと‐RIMI TAKAGAKI」について
    私たちの身の周りには、さまざまな境界があります。たとえば「大人」と「こども」、「内」と「外」など時間、空間や概念など、あらゆるものに境界があります。特に「亡くなってしまった人」「生き残った人」、というような生死の境界を目の当たりにしたとき、その境界線をひくのは誰なのか、なぜ?と自問する人も多いのではないでしょうか。高垣リミは、間について、境界について問いかける作品を作っています。
     高垣の作品を通して、間について考えてみませんか。 
     
     
    【奈良ゆかりのアーティスト交流プログラムとは】
     なら歴史芸術文化村(=文化村)では、さまざまなアーティストの交流プログラムを実施しています。
    奈良ゆかりのアーティスト交流プログラムは、奈良出身、在住または、奈良を拠点に活動するアーティストを紹介します。奈良に関わりを持つアーティストの表現活動には奈良の魅力、問題点などアーティストが独自の視点から捉えた奈良が内在します。そして、アーティストそれぞれが追及するテーマや提起する問題に触れることは、自分自身や社会などに対して、新たな気づきを得ることにつながるでしょう。
     このプログラムは、作品展示、公開制作、ワークショップなど、アーティストとじかに出合い、交流することを通して、奈良を再発見するとともに、「もっと作品を観てみよう」「自分も創ってみよう」とアートを身近に感じ楽しむことを目的にします。
     
    写真中:亡高垣勝康氏と 右:「金輪」1993年制作 

    イベント概要

    • 日時

      2022年6月1日(水)~26日(日)
      会期中の火、水曜日

    • 時間(詳細)

      13:30~14:00(延長する場合があります)

    • 会場

      芸術文化体験棟3階 交流ラウンジ

    • 講師

      高垣リミ

    • 料金

      無料

    • 定員

      8名(先着順)

    • 申し込み

      当日受付

  • 〈文化財分析体験〉顕微鏡で土器を観察してみよう

    開催期間

    2022年4月10日(日)

    empty

    無料

    デジタルマイクロスコープや実体顕微鏡で土器や顔料を観察しよう!

    イベント概要

    • 日時

      2022年4月10日(日)

    • 時間(詳細)

      1組30分程度。
       ①10時00分~ ②10時30分~
       ③11時00分~ ④11時30分~
       ⑤13時00分~ ⑥13時30分~
       ⑦14時00分~ ⑧14時30分~
       ⑨15時00分~ ⑩15時30分~
       ⑪16時00分~

    • 会場

      文化財修復・展示棟 地下1階ホール

    • 料金

      無料

    • 定員

      11組

    • 申し込み

      当日9時から、地下1階ホールにて受付開始

    • その他

      ※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合があります。
      ご来場前に必ずウェブサイトにて開催の有無をご確認ください。