山の辺の道 天理・桜井 街道がつなぐ国宝と古墳

  • 山の辺の道 天理・桜井 街道がつなぐ国宝と古墳
    山の辺の道 天理・桜井 街道がつなぐ国宝と古墳

    地図を印刷出力及びご覧になりたい方はこちら(PDF2230KB)

    山の辺の道 天理・桜井 街道がつなぐ国宝と古墳コンビニで地図を印刷出力PDF古宝・古墳ミニ知識
  • 奈良盆地と東の山裾との間を縫うように続く山の辺の道は、古代の人々によって開かれた日本の最古の道。周囲には大小の古墳が連なり、奈良でも有数の巨大古墳群を形成しています。体力に合わせて、桜井コースから天理コースまで足を伸ばすことも可能。緑の中で古墳を探し、最後は国宝・石上神宮を目指しましょう。
    ウォーキングメモ
    ルート全長天理コース 約11キロメートル
    桜井コース 約12キロメートル
    ルート分類難易度2カップルで家族で神代・縄文・弥生時代古墳・飛鳥時代古道・古街道陵墓・古墳を訪ねて奈良国宝・古墳めぐり(スペシャル1)奈良県東部エリア
    関係市町村 観光情報
AdobeReaderダウンロードは、こちら
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。