卑弥呼はここにいたか?・纒向遺跡を歩く

  • 卑弥呼はここにいたか?・纒向遺跡を歩く
    卑弥呼はここにいたか?・纒向遺跡を歩く

    地図を印刷出力及びご覧になりたい方はこちら(PDF744KB)

    卑弥呼はここにいたか?・纒向遺跡を歩くコンビニで地図を印刷出力PDF卑弥呼はここにいたか?・纒向遺跡を歩く
  • 山の辺の道は古代から「国のまほろば」と称えられた青垣周る大和盆地の東端を曲がりくねって続く自然発生的にできあがった日本最古の道。
    纏向遺跡はその西方、纒向川扇状地に広がる東西2キロメートル、南北1.5キロメートルの弥生期最大の遺跡です。古代風景を訪ねて巡り歩けば、遙かなる太古の歴史のその先に卑弥呼の姿が見え隠れするかも知れません。
    ウォーキングメモ
    スタートJR巻向駅
    ゴールJR三輪駅
    ルート全長約11キロメートル
    ルート分類難易度2友達と歴史を深める神代・縄文・弥生時代古墳・飛鳥時代古道・古街道陵墓・古墳を訪ねて地元観光ボランティアガイドおすすめルート奈良県東部エリア

    歩き方

    大部分は平坦な舗装路。歩きやすい運動靴で行こう!車両交通量の多いところが多いため注意が必要。歩道がないところ、車道横断には十分に注意して!

    昼食

    ゴール付近の大神神社門前には飲食店が多い。ルート途中には飲食店が少ないのでゆっくり歩くにはお弁当持参で。

    休憩・飲み物

    自販機は各所にあるが、いつでも水分がとれるよう手持ちの飲み物を切らさないようにしよう。

    その他

    観光ボランティアガイドの案内があると歩く楽しみが倍増するルート。
    申し込みは「解説ページ」参照。
    卑弥呼はここにいたか?・纒向遺跡を歩く関係市町村 観光情報
AdobeReaderダウンロードは、こちら
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。