斑鳩から飛鳥へ 聖徳太子の往来道・太子道(筋違道)

  • 斑鳩から飛鳥へ 聖徳太子の往来道・太子道(筋違道)
    斑鳩から飛鳥へ 聖徳太子の往来道・太子道(筋違道)

    地図を印刷出力及びご覧になりたい方はこちら(PDF2350KB)

    斑鳩から飛鳥へ 聖徳太子の往来道・太子道(筋違道)コンビニで地図を印刷出力PDF
  • 万葉の時代に、聖徳太子が「斑鳩の里」から「三宅の原」を経て、「飛鳥の宮」とを往来された道が「太子道」です。
    この道路は、条里制の南北方向の地割りに斜交(北方向約20度西、南方向約20度東)している道で、別名「筋違道」とも呼ばれています。中世以降は、「法隆寺」街道とも呼ばれ、生活道路として盛んに利用され、現在も町道三宅70号線として活用されています。
    ウォーキングメモ
    スタート奈良交通バス停「法隆寺」
    ゴール近鉄飛鳥駅
    ルート全長約28キロメートル
    ルート分類難易度3友達と歴史を深める古墳・飛鳥時代古道・古街道伝記・伝説・ものがたりの道世界遺産暫定登録地奈良県西部エリア

    歩き方

    ほぼ全ルートが舗装路。歩きやすい運動靴でいこう!車両通行が多いところが多いため要注意。

    昼食

    ルート上にコンビニ等もあるが、あまり多くないのでスタートまでに用意していこう。

    休憩・飲み物

    ルート各所に自販機等あり。

    その他

    ・回数を分けてあるくとき
    近鉄田原本駅が全ルートのほぼ中間にあたるので、田原本駅を活用すれば2回に分けやすい。鉄道駅がルートの近くに複数あるので、体力に併せて回数を分けて全ルートを踏破しよう!
    ・おたのしみ
    ゴールの飛鳥駅には、飛鳥の味覚が盛りだくさんの「あすか夢販売所」、飛鳥総合案内所「飛鳥びとの館」でお土産を買おう!
    斑鳩から飛鳥へ 聖徳太子の往来道・太子道(筋違道)斑鳩から飛鳥へ 聖徳太子の往来道・太子道(筋違道)関係市町村 観光情報
AdobeReaderダウンロードは、こちら
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。