聖徳太子ゆかりの寺院と歴史の変遷をたどる

  • 聖徳太子ゆかりの寺院と歴史の変遷をたどる
    聖徳太子ゆかりの寺院と歴史の変遷をたどる

    地図を印刷出力及びご覧になりたい方はこちら(PDF1,696KB)

    聖徳太子ゆかりの寺院と歴史の変遷をたどる
  •  飛鳥時代に建立された古刹をはじめ、様々な時代背景を持つ寺院・仏像などを巡るルートです。一番の見どころは、かつて吉野寺・比曽寺・現光寺・栗天奉寺(りってんほうじ)と呼ばれ、太子信仰の象徴である太子堂も残る世尊寺。平安時代から室町時代に造られた仏像群が安置される妙楽寺や、江戸時代の旅行案内書に登場する椿の井戸が残る水分(すいぶん)神社も見逃せません。寺院や仏像を眺めながら、歴史と禅の心に思いを馳せてみてはいかがでしょう。
     ウォーキングの後は、地域の特産品を取りそろえた道の駅でご飯を食べたり、お土産を購入したりすることもできます。
    ウォーキングメモ
    スタート近鉄大和上市駅
    ゴール奈良交通バス停「芦原」
    ルート全長約9.5km
    ルート分類難易度1友達と歴史を深める古墳・飛鳥時代奈良・平安時代鎌倉・室町・戦国・江戸時代古道・古街道伝記・伝説・ものがたりの道大和風景堪能の道奈良県南部エリア

    歩き方

    ルートの大半が坂道になっているので、歩き慣れた服装・靴で訪ねよう。

    昼食

    道の駅 吉野路大淀iセンターに食事処(レストラン「ときん」)あり。

    休憩・飲み物

    ルート途中に自販機があまりないので、飲み物は持参していこう。

    その他

    交通量は少ないが、歩道がないところもあるため、十分に注意して歩こう。歩道がある部分は必ず歩道を歩くようにしよう。
    ルート道中には景色が良いところがあるので、カメラ持参がオススメ!
    聖徳太子ゆかりの寺院と歴史の変遷をたどる関係市町村 観光情報
AdobeReaderダウンロードは、こちら
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。