山の辺の道(天理~桜井)

  • 山の辺の道(天理~桜井)
    山の辺の道(天理~桜井)

    地図を印刷出力及びご覧になりたい方はこちら(PDF1600KB)

    山の辺の道(天理~桜井)コンビニで地図を印刷出力PDF歩く・なら×ぐるなび
  • 周囲を小高い山に囲まれた奈良盆地。古代、その東に連なる美しい青垣の山裾を縫うように、三輪山の麓から石上布留を通り、奈良へと通じる道がありました。「日本書紀」にその名が残る、それが「山の辺の道」です。
    山の辺の道沿いには、今も「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が残り、数多くの史跡に出遭え、訪れる人を「古代ロマンの世界」へと誘います。
    ウォーキングメモ
    スタートJR・近鉄天理駅
    ゴールJR・近鉄桜井駅
    ルート全長約16キロメートル
    ルート分類難易度2カップルで家族で神代・縄文・弥生時代古墳・飛鳥時代古道・古街道おすすめ眺望ハイキング奈良県東部エリア

    歩き方

    ゆるいアップダウンあり。地道の部分も多いので歩きやすい運動靴でいこう!

    昼食

    天理駅・桜井駅、柳本駅周辺にコンビニ・スーパーあり。

    休憩・飲み物

    ルート途中に自販機、茶店あり。

    その他

    ・回数を分けてあるくとき
    ルートのほぼ中間にあたるJR柳本駅を活用して天理側・桜井側と2回に分けて歩くとお手軽
    ルート西側の国道(169号)はバス路線。バスを利用してルート途中の出発・帰宅が可能。
    ・おたのしみ
    ルート途中に地元野菜・果物の無人販売所多数。
    山の辺の道(天理~桜井)万葉が薫る、山の辺の道のハイライト関係市町村 観光情報
AdobeReaderダウンロードは、こちら
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。