奈良県

探訪 奈良の薬どころMedicine-related places of interest in Nara

宇陀のかぎろひの丘・万葉公園


『日本書紀』推古19年(611年)5月に菟田野(うだのの)で我が国最初の薬猟が行われました。菟田野は「阿騎野」周辺のことを指すと考えられます。薬猟は宮廷行事として実施され、男性は薬効の大きい鹿の角をとり、女性は薬草を摘みました。
持統6年(692年)に行われた軽皇子(のちの文武天皇)の阿騎野への遊猟の時に柿本人麻呂は、東の空に広がる「かぎろひ」という雄大な朝焼けを歌に詠みました。
東の野に炎の立つ見えてかへりみすれば月傾きぬ(『万葉集』巻1・48)
この情景を想像して、「壁画 阿騎野の朝」が昭和15年に制作され、この歌の歌碑が建っている尾根は、かぎろいの丘万葉公園として整備されています。
資料提供:宇陀市教育委員会

基本データ
TEL0745-82-3674(宇陀市公園課)
予約不要
住所宇陀市大宇陀区迫間25
駐車場あり(14台)
交通近鉄榛原駅から奈良交通バス大宇陀行き「大宇陀」下車徒歩約10分

アクセスAccess

一覧に戻る >

PageTop