まとめ記事

2020.7.15

奈良の木の施工事例 5選|新築・リノベ・リフォーム 国産材で叶える理想の暮らし

人生を送る上で、とても重要な家での時間。長い時間を過ごす場所だからこそ、こだわりたいですよね。今回は、温もりのある雰囲気が魅力的な、国産材の中でも特に奈良の木を使用した木の家の事例をまとめてご紹介。木の家には、気持ちを落ち着かせるリラックス効果や、様々な健康効果があることがわかっています。憧れの新築一戸建てはもちろん、リノベーションやリフォームの活用事例も紹介するので、ぜひ家づくりの参考にしてみてくださいね。

憧れの新築一戸建て

吉野スギと異素材の組み合わせでスタイリッシュな空間に

  • シンプルな色使いで飽きのこない外観
  • 吉野スギを床や天井などにふんだんに使用した玄関
  • 手すりをアイアンに
  • 汚れが気になるキッチンには、おしゃれなタイルを

柱や梁(はり)などの構造材から床・天井・建具等の内装材まで、吉野スギがふんだんに使用されたこちらのお家。吉野スギの美しい木目を楽しめるだけでなく、節が少ない18cm幅の床板や[柾目(まさめ)]を使用したオリジナルの建具を取り入れているので、アイアンの手すりやキッチンのタイル張りなどの異素材が自然に空間に馴染みます。デザインに新しさやメリハリをつけたい方は、ぜひ参考にしてみては。

※柾目…板目(いため)と柾目の2種類がある木目のうちの1つ。丸太を真ん中で切断した時に縦方向に現れる、まっすぐな模様のこと。

DATE

エリア:奈良県奈良市
築年数:4ヶ月
敷地面積:223.08㎡(67.48坪)
延床面積:131.17㎡(39.67坪)
家族構成:ご夫婦+子ども2人
プランニング期間:4ヶ月
施工期間:5ヶ月

施工 株式会社イムラ
住所 〒630-8013 奈良県奈良市三条大路3丁目2番7-1号
電話番号 0742-36-5515
URL https://imura-k.com/

吹き抜けが気持ちいい、明るい住まい

  • 紅柄色の格子と屋根が良いアクセントに

吹き抜けが開放感を演出し、気持ちのいい空間が広がるこちらのお家。いたるところに木材が使われており、木の香りや優しい肌触りを存分に感じることができます。使用している木材は奈良県十津川村の木材。置かれている家具も木で揃えられているので部屋に統一感がでて、温かみがありながらも洗練された印象を与えます。毎日帰るのが楽しみになる、隅々までこだわり抜かれた空間です。

DATE

エリア:奈良県生駒市
築年数:新築
敷地面積:247.96㎡(75.01坪)
延床面積:112.19㎡(33.94坪)
家族構成:ご夫婦+子ども1人
プランニング期間:6ヶ月
施工期間:4ヶ月

施工 株式会社 和 nagomi
住所 〒639-0276 奈良県葛城市當麻367-2
電話番号 0745-60-2302
URL https://k-nagomi.co.jp/

リノベーションという選択肢

憧れの木の家に住みたいと思っても、予算の問題で諦めてしまう方も多いのではないでしょうか?そんな方にオススメしたいのが「リノベーション」という選択肢。リノベーションに明確な定義はありませんが、一般的には既存の建物に対して新たな機能や価値を付け加える比較的大規模な工事を指すことが多いです。規模や素材によって価格に増減がありますが、新築の注文住宅と比べて、中古物件を購入してリノベーションする方がコストを抑えられる可能性が高いといわれています。ここからはリノベーションの様々な可能性と、事例をご紹介します。

一部屋ずつにこだわりを。古民家再生で希望を実現

  • 町家テイストの外観
  • 玄関ホール

築100年以上という蔵も備えた古民家をリノベーションして生まれた、新たな住まい。外観デザインは白壁に腰板を張った町家テイストになっており、かつての古民家の面影を感じます。玄関ホールは、来客スペースやギャラリーなど、多目的に使える空間になっているのだとか。ダイニングに足を踏み入れればオープンキッチンが広がり、外観や玄関ホールとはまた違った印象に。現代的なデザインを取り入れつつも、古民家の良さを残せるのもリノベーションの魅力です。

DATE

エリア:奈良県大和郡山市
築年数:100年以上
家族構成:ご両親+ご夫婦+子ども2人
リノベーション面積:204.22㎡(61.78坪)
プランニング期間:3ヶ月
施工期間:6ヶ月

施工 株式会社スペースマイン
住所 〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町834-1
電話番号 0120-58-2803
URL https://spacemine.co.jp/

古民家リノベーションで、時代に合う快適さを。

  • 古民家の良さを生かした外観

100年以上も前に加工された構造材でできていたという古民家を、リノベーションして新しく生まれ変わったこちらの住まい。新しさの中に、元々使われていた梁(はり)や柱を装いに生かすことで、和モダンテイストに。まさに時代に合う快適さと、古民家の良さを両立したお家です。かつての住人の想いを引き継いだり、まだ十分使える古いものを蘇らせたりと、リノベーションはサスティナブルな社会に貢献する一つの選択肢でもあります。

DATE

エリア:奈良県奈良市
築年数:57年
家族構成:ご夫婦+子ども1人+祖母
リノベーション面積:114.20㎡(34.55坪)
施工期間:約4ヶ月

施工 輪和建設株式会社
住所 〒639-1041 奈良県大和郡山市満願寺町814-6
電話番号 0743-53-3355
URL https://www.rinwa.jp/

リフォームという選択肢

「リノベーション」ほど大規模ではなく、住居の一部など、比較的小規模な工事をしたい方には「リフォーム」がオススメ。住み慣れた家の雰囲気は残したまま、気になる部分だけを新しくすることができますよ。ここからは、リフォームの事例をご紹介します。

吉野ヒノキをふんだんに使用した、くつろぎの空間

  • 床とカウンターに、吉野ヒノキをふんだんに使用

築30年の中古住宅をリフォームした、こちらの住まい。床にもカウンターにも、吉野ヒノキがふんだんに使用されています。吉野ヒノキの[出節丸太]を使用したシンボルツリーは、お施主様ご自身が選んだのだとか。リフォームによって、木の温もりと良い香りを存分に感じることのできる、ゆったりくつろげる空間に生まれ変わりました。

※出節丸太…木の枝を切った後の節の出っ張りを生かした丸太。

DATE

リフォーム部分:リビング
リフォーム価格(本体+工事):約70万円
工期:約2週間

施工 吉野銘木製造販売株式会社
住所 〒638-0045 奈良県吉野郡下市町新住 991-1
電話番号 0120-077-571
URL http://yoshinomeiboku.co.jp/

 

人生で一度の、家という大きな買い物。できるだけ予算を抑えたいと考える方も多いと思いますが、家を建てる際に費用を安く抑えるよりも十分な費用をかけた方が、住み続けるとトータルでかかる金額は安く済むとも言われています。本当に納得のいく家づくりをしたいという方は、耐久性が高く、害虫にも強い奈良の木での家づくりを選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。きっと、長く住み継ぐことのできる素敵な家づくりを実現できますよ。

奈良すまい図鑑

奈良の活性化を目指し、2009年より雑誌・ウェブサイトを通じて、地元奈良で住まいづくりを手掛ける住宅会社の魅力を発信。
注文住宅やリフォーム&リノベーションなど、年4回家づくり関連雑誌を発行。
ウェブサイトでは、地元工務店が行うイベントや見学会の案内など最新情報の発信を続けている。 さらにメディアの枠を超えて、地元工務店とユーザーをつなぐ「家づくり相談カウンタ―」を今秋オープン予定。
公式サイト

文・編集:奈良の木のこと編集部
編集協力:奈良すまい図鑑
写真提供:株式会社イムラ/奈良すまい図鑑

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

秋の味覚を堪能!古民家カフェから日本酒バーまで!奈良の食文化が楽しめるおすすめスポット5選!

長かった夏も終わりを迎え、風が涼しく心地よい季節になってきた今日この頃。山々に囲まれた自然豊かな奈良県は、日本酒発祥の地であり、大和野菜や大和肉鶏・大和牛・ヤマトポーク、ヒノヒカリなど自然の恵から生まれた食材が溢れる食の宝庫でもあります。

2018.09.14

お役立ち記事

知ると面白い!奈良の木が住まいになるまで。「山」と「市場」編

日本屈指の高い品質を誇る奈良の木。吉野スギ・吉野ヒノキに代表される奈良の木材は、私たちに癒しや温もりだけでなく、香りを感じたり触れたりすることで、心身ともに健康で快適な暮らしを与えてくれます。

2018.08.29

まとめ記事

夏本番!季節の変わり目にぴったりなインテリア雑貨と旬な作家をご紹介 #奈良の木のある暮らし

梅雨や日差しの強い日など不安定な天候が続くこの季節、春が終わり本格的な夏を迎えるのに身支度や身の回りの物を新しい装いにしたい時期です。そこで、奈良の木のことでは「インテリア」をテーマに食器や小物など普段の私たちの生活に身近な、自然に取り入れたい、奈良の木を使ったインテリア雑貨をご紹介します。さまざまなプロダクトに落とし込まれた奈良の木を使った作品と、その作品を手がける工房と作家さんにフィーチャーしてお届け。日々過ごす部屋だからこそ、自分だけのとっておきの空間を、こだわりの一品を見つけてみてください。

2018.07.20