まとめ記事

2021.12.03

奈良の最新おすすめ宿泊施設5選|高級旅館から天然温泉、コンセプトホテルまで

文:kobamiho
編集:奈良の木のこと編集部


快適で楽しい旅行にするためには、「宿選び」は重要なポイントのひとつ。せっかく遠出をするならば、その土地らしい食や体験に触れられる場所を選ぶのが宿選びのコツです。その場所にしかないモノやコトに出会うと、旅がより思い出深いものになりますよね。

日本最古の林業地域の一つである奈良では、強さと美しさを兼ね備えた日本屈指の良質な木材が育まれ、様々な宿で吉野スギや吉野ヒノキに代表される「奈良の木」が内装やインテリアに活かされています。今回は奈良の木の魅力溢れる、おすすめの最新注目宿泊施設をご紹介します。

こだわりぬかれた空間を楽しめるライフスタイルホテル『MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS』

2021年9月にオープンしたホテル『MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS』。“共生の奈良”をテーマとしたライフスタイルホテルで、奈良の美しい山並みや世界遺産・興福寺の五重塔を臨む魅力的なロケーションです。シルクロードを通じてもたらされた異国の多様な文化や、自然と共生しながら長い歴史を刻んできたこの場所ならではの宿泊を体験できます。吉野スギ、飛鳥石、宇陀紙といった素材やアイテムが随所にちりばめられ、空間を通して奈良の自然やクラフトマンシップを体感できるのも魅力。

インテリアデザインは芦沢啓治建築設計事務所と、奈良県出身の佐野文彦氏率いるFumihiko Sano Studioが手がけています。

Fumihiko Sano Studioがデザインした地下階の客室『“The Roots of Nara(Superior)』には、吉野スギの丸太が大胆に配置され、力強い太古の自然を思わせるような迫力のあるしつらえが見どころ。また、芦沢啓治建築設計事務所がデザインした地上階の客室は、普遍的で美しい和のデザインで、心地の良い空間が広がります。客室はクイーンベッドルームから、ファミリーやグループ利用にも対応できる最大4名定員の部屋まで、様々なシーンでの利用が可能。

地下には、吉野スギや飛鳥石などの奈良の素材を用いた石庭を思わせる宿泊者専用ラウンジ『TEA TABLE』も。奈良を拠点とする「listude|リスチュード」の吉野スギのスピーカーが置かれ、古代と現代のデザインが交錯するタイムレスな空間に重厚感を与えています。セルフサービスでお茶を楽しむことができるため、ホッと一息つくのに最適です。

さらにホテル内の『CAFE & BAR MIROKU TERRACE』では、空間コーディネーターの石村由起子さんが代表を務め、奈良市で35年以上続く人気カフェ『くるみの木』が監修した食事がいただけます。奈良の地域食材をふんだんに使った和洋2種類の朝食や、バータイムには地元のクラフトビールや果実酒などを楽しむことも。カフェの大テーブルの天板にも吉野スギが使用されており、あらゆるところで奈良の木の良さに触れることができますよ。

近鉄奈良駅から徒歩10分の場所にあり、徒歩圏内には世界遺産の興福寺をはじめ、観光名所が点在しています。東大寺や春日大社など、定番の古都散策を楽しむもよし、足を伸ばして若草山に奈良を一望できる夕景を眺めにいくのも一興。いにしえから続く奈良の自然や歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

INFORMATION MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS
住所 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1116-6
URL https://www.thesharehotels.com/miroku/

子どもから大人まで。遊んで学べる『絵本ホテル』

2021年12月10日(金)にソフトオープンする『絵本ホテル』は、「子どもが主役」のコンセプトホテル。イタリアを中心に世界中から選りすぐった沢山の美しい絵本を、壁いっぱいに広がる本棚から選んで楽しむ読書体験や、お風呂で遊べる絵本など、子どもが楽しめる仕掛けが盛り沢山。環境問題や社会的なテーマを扱う本もあるので、子どもはもちろん、大人も一緒に楽しむことができます。

他にも、吉野スギでできたカラフルな木片を壁にはめこんで遊ぶ「Play wall」など、いたるところに子どもがのびのびと楽しめるアイデアが仕掛けられています。また、子どもの成長に合わせて2段階に高さ調整が可能な机にも、吉野スギと吉野ヒノキを使用。「Play wall」と机どちらも奈良県東吉野村に工房を構える「維鶴木工」の藤川拓馬氏とコラボした力作です。

さらに、ドアハンドルには裏山の赤膚山(あかはだやま)から採った桜枯木が使用されているなど、細部にまでこだわりが。

そんなさまざまな地元のクラフトに触れられるのも魅力のひとつ。また、1日1組限定、一棟貸切なので、小さいお子様がいる方でも安心して家族旅行を満喫できます。

ホテルのある場所は、JR奈良駅から車で15分程度の赤膚町というエリアで、中心地から少し離れた、のどかなエリア。この地域では奈良県指定伝統的工芸品に指定されている「赤膚(あかはだ)焼」の陶器製作が行われており、近隣の窯元との提携したアクティビティも提供予定だそう。

子どもとの大切な思い出を残したい家族旅行にはもちろんのこと、素敵な絵本と出会いたい方にもおすすめの宿です。時に人生に大切な気づきを与えてくれる絵本との、運命的な出会いがあるかもしれません。

INFORMATION 絵本ホテル
住所 奈良県奈良市赤膚町1144−6 トルナーレ学園前105号室
URL https://ehonhotel.jp/

上質なひとときを。『ならまち 町家宿となり』

一棟貸しの宿『ならまち 町家宿となり』は、ならまちで暮らすように滞在できる、古⺠家宿泊施設。建物は江戸末期に建築された古民家を、昔の良さを残しながらリノベーションしています。梁や根太天井は江戸の名残を感じられる作りになっており、古き良き日本の暮らしを思い起こさせてくれるようです。

建屋全体には吉野スギと吉野ヒノキがふんだんに使われており、引き戸を開け建て屋に入ると、吹き抜け天井「杉の野地板」がゲストを迎えます。また、和室約15畳の畳下の床も吉野スギを使用。檜風呂は、桶・壁・床もヒノキで設えられており、浴室に広がるさわやかな香りは旅の疲れを癒してくれます。間口三間半、和室3部屋、土間、自炊もできるキッチン、離れ、中庭を1組だけで広々と利用できるのも嬉しいポイントです。

世界遺産・元興寺の西隣に位置し、観光にも便利な立地ですが、宿に足を踏み入れると、そこには静かな空間が広がり、ゆっくり落ち着いて過ごすことができます。宿泊した日の翌朝は、お寺の鐘の音で目を覚まし、夜明けの街をゆっくり散策するのがおすすめの過ごし方。観光客がいない筋を抜け、奈良公園をめぐる。ならまちに暮らすように泊まる。それがこの宿の醍醐味です。

宿泊者は、建物に併設している宿泊者専用のPrivateBar“TO-NA-RI”でこだわりのウイスキーやお酒をゆったりと楽しむことも。朝食は、BOXやケーキドームに入れられた四季折々のフルーツやサラダをセルフで楽しみながら選ぶことができ、特別感溢れる朝を送ることができます。

INFORMATION ならまち 町家宿となり
住所 〒630-8333 奈良県奈良市中新屋町35
URL https://www.to-na-ri.com/

ギャラリー併設。アート×ホテル『ホテル天平ならまち』

2021年4月にオープンした、「書」をコンセプトにしたホテル『ホテル天平ならまち』。奈良にゆかりのある27名の書家が、客室の壁に揮毫(きごう)した作品を鑑賞できるのが特徴です。ホテルはギャラリーとしての機能も兼ね備え、1階のロビー奥には、あらゆるジャンルの芸術作品の展示会やアートパフォーマンスなどで利用される『ギャラリー天平ならまち』を備えています。ホテルの滞在と共に、様々な芸術と触れ合える場所です。

内装には、奈良の自然を身近に感じて欲しいという想いが込められており、フロント・客室・多目的ラウンジなどのインテリアは、吉野スギや吉野ヒノキをふんだんに使用。地域の素材を活かした家具は、木の温かさを感じられ、落ちつきのある空間を演出しています。

和モダンな客室は、全て異なるアートがしつらえられているので、訪れるたびに違う作品と出会えるのも楽しみのひとつです。

INFORMATION ホテル天平ならまち
住所 〒630-8218 奈良県奈良市樽井町1-1
URL http://hotel-tenpyo-naramachi.jp/

奥大和の大自然と天然温泉を満喫。『フォレストかみきた』

奈良県南東部に位置する、上北山村にある『フォレストかみきた』は、世界遺産の山岳霊場・大峯奥駈道の峻険な峰々や、ユネスコエコパークとして有名な大台ヶ原の登山口として、大自然に直結する山歩きやアウトドアのベースキャンプです。上北山村では、2001年から「ヒルクライム大台ヶ原」という自転車ロードレースが開催されていることから、宿泊施設としては珍しく、マイ自転車をそのまま客室に持ち込めるなど、自転車を楽しむ方にもおすすめの宿となっています。

エントランスや観光案内スペース、ラウンジ周辺の内装には吉野ヒノキを薄く加工したシートが使用されており、上質な自然の風合いを感じられる明るい空間に。また、客室のテレビボードとベッドのボードにも地元・上北山村産の木が使用されており、木に囲まれたお部屋で心落ち着くひとときを過ごせます。

また、フォレストかみきたの自慢の1つが、肌がきれいになり美人になると評判の温泉。大自然を満喫し、良質な温泉とおいしい食事に癒される、奈良のネイチャートリップを味わってみてはいかがでしょう。

INFORMATION フォレストかみきた
住所 〒639-3701 奈良県吉野郡上北山村河合552-2
URL https://forest-kamikita.com/

今回は、高級旅館から天然温泉、コンセプトホテルまで、「奈良の木」の魅力を存分に感じることができる個性際立つ宿泊施設をご紹介しました。一緒に旅行する人や旅の目的に合わせて選ぶも良し、泊まってみたい気持ちを優先するも良し。お好みに合わせて、アフターコロナの奈良での旅行計画を立ててみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した施設に泊まれば、きっと、この土地ならではの旅を楽しめるはずですよ。

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

秋の味覚を堪能!古民家カフェから日本酒バーまで!奈良の食文化が楽しめるおすすめスポット5選!

長かった夏も終わりを迎え、風が涼しく心地よい季節になってきた今日この頃。山々に囲まれた自然豊かな奈良県は、日本酒発祥の地であり、大和野菜や大和肉鶏・大和牛・ヤマトポーク、ヒノヒカリなど自然の恵から生まれた食材が溢れる食の宝庫でもあります。

2018.09.14

お役立ち記事

知ると面白い!奈良の木が住まいになるまで。「山」と「市場」編

日本屈指の高い品質を誇る奈良の木。吉野スギ・吉野ヒノキに代表される奈良の木材は、私たちに癒しや温もりだけでなく、香りを感じたり触れたりすることで、心身ともに健康で快適な暮らしを与えてくれます。

2018.08.29

まとめ記事

夏本番!季節の変わり目にぴったりなインテリア雑貨と旬な作家をご紹介 #奈良の木のある暮らし

梅雨や日差しの強い日など不安定な天候が続くこの季節、春が終わり本格的な夏を迎えるのに身支度や身の回りの物を新しい装いにしたい時期です。そこで、奈良の木のことでは「インテリア」をテーマに食器や小物など普段の私たちの生活に身近な、自然に取り入れたい、奈良の木を使ったインテリア雑貨をご紹介します。さまざまなプロダクトに落とし込まれた奈良の木を使った作品と、その作品を手がける工房と作家さんにフィーチャーしてお届け。日々過ごす部屋だからこそ、自分だけのとっておきの空間を、こだわりの一品を見つけてみてください。

2018.07.20