レポート記事

2020.06.17

職人の技が光る、奈良の木の美しい"椅子たち"<東京ギフト・ショー春2020>レポート!

2020年2月5日(水)から7日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催された、日本最大級のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市<第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020 第7回LIFE×DESIGN>に奈良県奈良の木ブランド課が出展。「奈良の木の椅子」をテーマに、県内から4つの家具工房が集い、奈良の木の特長を生かした各工房の代表作となる椅子が展示されました。

  • nara_report_giftshow_1

展示ブースは、木目が細かく真っ直ぐな美しい奈良の木(吉野材)を使った椅子の魅力を際立たせるアートギャラリーをイメージしたデザイン。こちらは組み立て式で、持ち運べる仕様になっているため、今後のイベントでも再利用することができるなど、木のサスティナブルな魅力も組み込まれた展示ブースとなっていました。

つくり手の想いがこもった奈良の木の椅子

今回出展したのは、奈良県吉野郡を代表する4つの工房。展示ではつくり手のこだわりと、奈良の木の美しい木目、そして木肌を生かした椅子がずらりと並びました。今回は、作品のつくり手、4つの工房の作品について、展示の様子とともにご紹介していきます。

studio Jig

  • nara_report_giftshow_2
  • nara_report_giftshow_3

木工作家の平井健太さんが手がける家具ブランド「studio Jig」。木材らしからぬ印象を与えてくれる、緩やかで美しいカーブを描くデザインは、平井さんの「既成概念を疑おう」というコンセプトから生まれたものです。

吉野スギの特性である「長尺無節」を活かし、「Free Form Lamination」という成型合板技術により、木材の繊維が切れることなく立体を構成することで、軽く柔らかい杉材でも家具としての強度を実現。杉材特有の温かみや肌触りも魅力のひとつ。大胆なデザインながらも、日常の生活に自然と溶け込む作品となっています。

INFORMATION

studio Jig

住所 〒639-3543 奈良県吉野郡川上村大滝
TEL 070-2837-5298
URL https://www.studiojig.com

KIRIDAS 十津川

  • nara_report_giftshow_4
  • nara_report_giftshow_5

奈良県十津川村で活動する木工作家たちが集まって運営する「KIRIDAS 十津川」。オリジナルブランド『KIRIDAS ORIGINAL』は、十津川村の大自然に育まれた木材を使用し、スギやヒノキを活かす家具をコンセプトに、材料だけでなくデザインから製作までのすべてを十津川村で行っています。

他にも家具デザイナー岩倉榮利氏監修の「TOTSUKAWALIVING」シリーズや、十津川村の職人のオリジナル品やオーダーメイド家具の製作・販売も行っており、こだわり抜かれたデザインやフォルムの家具たちは、生活にすっと馴染んでくれそうです。

INFORMATION

KIRIDAS 十津川

住所 〒637-1214 奈良県吉野郡十津川村大字山崎
TEL 0746-67-0123
URL https://www.kiridas.jp/

IZURU 維鶴木工

  • nara_report_giftshow_6

奈良県東吉野村を拠点に活動する椅子専門の木工所「IZURU 維鶴木工」。ただ長持ちするだけではなく「年月が経っても飽きが来ず、より愛着が増していくデザインや素材であることが重要」という考えのもと、作り出された「IZURU」の椅子は、なめらかな手触りで使う人を癒し、時間の経過とともに色合いや風合いが変化する木ならではの魅力を楽しむことができます。

INFORMATION

IZURU 維鶴木工

住所 〒633-2301 奈良県吉野郡東吉野村瀧野
TEL 0746-44-9540
URL http://izr.jp/

下市木工舎 市 ichi

  • nara_report_giftshow_7
  • nara_report_giftshow_10

サンドペーパーを使わず鉋(※)だけで作品を仕上げる「下市木工舎 市 ichi」の家具。人の手で何十年、何百年と守り育てられてきた緻密で優しい色合いの吉野スギを、造形から仕上げまでを鉋で行うことで、木そのものの美しさやぬくもりを引き出しています。

ひとつひとつ手間暇をかけて丁寧に作られる「下市木工舎 市 ichi」の椅子は、鉋仕上げの技術により、吉野スギのやわらかさや温かみが残るため、快適で優しい座り心地を実現。吉野スギ本来の木目や鮮やかさを感じることができます。

※鉋(かんな):主として材木の表面を削ってなめらかにする目的で使われる工具。
INFORMATION

下市木工舎 市 ichi

住所 〒638-0001 奈良県吉野郡下市町阿知賀
TEL 0747-68-9118
URL https://ichi-shimoichi.com

世代を超えて受け継がれる奈良の木

  • re_nara_report_giftshow_8
  • nara_report_giftshow_9

約500年前の室町時代までさかのぼる事ができるという吉野林業の歴史。そんな歴史の深い奈良の木を熟知したつくり手たちが作り出す家具や椅子は、節が少なく、木目が緊密で真っ直ぐな吉野スギ、吉野ヒノキの美しさを存分に引き出すこだわりが詰まっています。

作り手の想いが詰まった奈良の木の椅子は、長く使うことで素材の魅力が増し、使い込むことの楽しさや、天然素材ならではの温もりや癒しを感じることができます。家で過ごす時間が増えた今だからこそ、長く寄り添える、奈良の木の家具を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

文:奈良の木のこと 編集部
写真:奈良県 奈良の木ブランド課

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

秋の味覚を堪能!古民家カフェから日本酒バーまで!奈良の食文化が楽しめるおすすめスポット5選!

長かった夏も終わりを迎え、風が涼しく心地よい季節になってきた今日この頃。山々に囲まれた自然豊かな奈良県は、日本酒発祥の地であり、大和野菜や大和肉鶏・大和牛・ヤマトポーク、ヒノヒカリなど自然の恵から生まれた食材が溢れる食の宝庫でもあります。

2018.09.14

お役立ち記事

知ると面白い!奈良の木が住まいになるまで。「山」と「市場」編

日本屈指の高い品質を誇る奈良の木。吉野スギ・吉野ヒノキに代表される奈良の木材は、私たちに癒しや温もりだけでなく、香りを感じたり触れたりすることで、心身ともに健康で快適な暮らしを与えてくれます。

2018.08.29

まとめ記事

夏本番!季節の変わり目にぴったりなインテリア雑貨と旬な作家をご紹介 #奈良の木のある暮らし

梅雨や日差しの強い日など不安定な天候が続くこの季節、春が終わり本格的な夏を迎えるのに身支度や身の回りの物を新しい装いにしたい時期です。そこで、奈良の木のことでは「インテリア」をテーマに食器や小物など普段の私たちの生活に身近な、自然に取り入れたい、奈良の木を使ったインテリア雑貨をご紹介します。さまざまなプロダクトに落とし込まれた奈良の木を使った作品と、その作品を手がける工房と作家さんにフィーチャーしてお届け。日々過ごす部屋だからこそ、自分だけのとっておきの空間を、こだわりの一品を見つけてみてください。

2018.07.20

  • トップページ
  • マガジン
  • 職人の技が光る、奈良の木の美しい"椅子たち"<東京ギフト・ショー春2020>レポート!