お知らせ記事

2020.04.15

県内最大のコンベンション施設に、奈良の木を使ったスポットが続々誕生!県内初の蔦屋書店が開業

近鉄新大宮駅から徒歩10分、世界遺産に囲まれる古都・奈良の中心地に、県最大の会議場・観光交流拠点「奈良県コンベンションセンター」が開業。奈良での観光や人々の交流を促進する新スポットとして、2020年4月1日(水)にオープンしました。

地上2階、地下2階建て、延べ床面積は約3万5000平方メートルもの広大な敷地内には、2000人程度が収容できるコンベンションホールをメインとしたコンベンション施設や、観光インフォメーション、県産品の販売、飲食施設を備えた観光振興施設が設けられています。

当施設は平城宮跡と奈良公園をつなぐ大宮通りに位置し、正倉院の校倉(あぜくら)造りをイメージした外観、内装に吉野スギや手すき和紙が使われるなど、地元奈良の素材を生かした空間が広がります。

1F・2F コンベンション施設

メインとなるコンベンション施設には、約2100平方メートル、高さ約10メートルの広々とした「コンベンションホール」と中小の「会議室」を整備。様々な国内・国際会議や展示会の会場として使用されます。施設には吉野スギがふんだんに使われ、格調高い、趣のある空間が演出されています。

  • 1F コンベンションホール
  • 2F 中会議室
  • 1F ホワイエ

1F・2F 観光振興施設

敷地内、南に位置する観光振興施設には、県内初出店となる約200席の「BOOK&CAFE」「奈良 蔦屋書店」が出店。また、中川政七商店の販売スペースも設けられています。庭園をイメージした店内には、世界中の貴重な植物を採集するプラントハンター、西畠清順氏が手がけた植栽作品の展示や、吉野スギを使用したベンチが設置されており、ベンチに腰を掛けてコーヒーを飲みながらゆったりと作品や読書を楽しむことができます。

また、2Fには約600㎡の劇場空間の「天平ホール」を整備。映画上映や演奏会などに使用が可能です。

1F 天平広場

コンベンション施設と観光振興施設の間には、イベントスペースとして活用できる「天平広場」があり、約1100平方メートルの広々とした空間は、マルシェ会場や屋外のイベントスペースとして活用されます。高さ約13メートルの格子状になった木の大屋根は、迫力満点です。

隣接施設

敷地内には、国内初進出となる国際級ホテル「JWマリオットホテル奈良」やNHK奈良放送会館が隣接しています。

奈良県の文化や産業、魅力に触れ、見て、体験することができる「奈良県 コンベンションセンター」。奈良の木がふんだんに使われた空間はもちろんのこと、奈良の観光や交流の新たな発信拠点として、観光地・奈良としてのこれからの発展に期待がふくらみます。奈良に来たなら、まずはぜひ「奈良県 コンベンションセンター」を訪れて、その魅力を体感してみてください。

INFORMATION

奈良県 コンベンションセンター

所在地 奈良県奈良市三条大路一丁目691-1
開館時間 09:00~21:30
※毎週月曜日休館 ※観光振興施設の飲食店、販売店は各店舗に準ずる。
URL http://www.nara-cc.jp/index.html

文:奈良の木のこと編集部
写真提供:奈良県コンベンションセンター/蔦屋書店

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

秋の味覚を堪能!古民家カフェから日本酒バーまで!奈良の食文化が楽しめるおすすめスポット5選!

長かった夏も終わりを迎え、風が涼しく心地よい季節になってきた今日この頃。山々に囲まれた自然豊かな奈良県は、日本酒発祥の地であり、大和野菜や大和肉鶏・大和牛・ヤマトポーク、ヒノヒカリなど自然の恵から生まれた食材が溢れる食の宝庫でもあります。

2018.09.14

お役立ち記事

知ると面白い!奈良の木が住まいになるまで。「山」と「市場」編

日本屈指の高い品質を誇る奈良の木。吉野スギ・吉野ヒノキに代表される奈良の木材は、私たちに癒しや温もりだけでなく、香りを感じたり触れたりすることで、心身ともに健康で快適な暮らしを与えてくれます。

2018.08.29

まとめ記事

夏本番!季節の変わり目にぴったりなインテリア雑貨と旬な作家をご紹介 #奈良の木のある暮らし

梅雨や日差しの強い日など不安定な天候が続くこの季節、春が終わり本格的な夏を迎えるのに身支度や身の回りの物を新しい装いにしたい時期です。そこで、奈良の木のことでは「インテリア」をテーマに食器や小物など普段の私たちの生活に身近な、自然に取り入れたい、奈良の木を使ったインテリア雑貨をご紹介します。さまざまなプロダクトに落とし込まれた奈良の木を使った作品と、その作品を手がける工房と作家さんにフィーチャーしてお届け。日々過ごす部屋だからこそ、自分だけのとっておきの空間を、こだわりの一品を見つけてみてください。

2018.07.20

  • トップページ
  • マガジン
  • 県内最大のコンベンション施設に、奈良の木を使ったスポットが続々誕生!県内初の蔦屋書店が開業