コラム記事

2020.08.14

木の器でごはんを食べよう。高山直子が作る、たっぷり夏野菜のプレートレシピ #奈良の木のある暮らし

日々の暮らしに寄り添い、毎日を豊かにしてくれる雑貨や家具など、木製のアイテム。「奈良の木のこと」では、様々なテーマを切り口に日々の暮らしを豊かにする素敵な木製品をご紹介します。

今回は、Fraisier代表の高山直子さんに、奈良の木の器を使って、夏におすすめのレシピをご紹介いただきます。ぬくもり溢れる木のアイテムは、長く使い続けることで美しさや味わいが増していくちょっぴり特別なアイテム。おしゃれな家具や雑貨で、いつもの毎日をちょっとだけ素敵に過ごしてみませんか?

たっぷり夏野菜のワンプレート レシピ

今回、高山さんが作ってくれたのは、色鮮やかな夏野菜をたくさん使った「夏野菜プレート」。とうもろこしごはんと麻婆茄子トマト、夏野菜のグリルが入った贅沢なワンプレートレシピ。たっぷりの野菜で栄養満点な上に、麻婆茄子トマトのピリッとした辛さと旨みは夏に食べたくなる一品です。

★とうもろこしごはん

材料:とうもろこし / 米
水(いつもより少なめ)/ 酒 / 塩 …適量

<作り方>
研いだお米に、とうもろこしの実を乗せ通常より少なめのお水を入れる。酒、塩を適量入れ、とうもろこしの芯を乗せて炊く。炊き上がったら芯を除き、よく混ぜる。
(とうもろこし1本に対して米は1合。)

★麻婆茄子トマト

材料:ニンニク / 生姜 / 豚ひき肉 / 茄子 / トマト …お好みの分量
ごま油 / 酒 / 豆板醤 / 甜麺醤 / 砂糖 / 醤油 / 鶏ガラ粉末 / 水 / 片栗粉…適量

<作り方>
みじん切りにしたニンニク、生姜をごま油で熱する。豚ひき肉を入れ、色が変わるまで炒め、茄子を入れさらに炒める。酒、豆板醤、甜麺醤、砂糖、醤油、鶏ガラ粉末、水を入れ全体に火が通ったらトマトを入れさっと混ぜ合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

★夏野菜のグリル

材料:かぼちゃ / オクラ / パプリカ / パクチー…お好みの分量

<作り方>
お好みの野菜に軽く油をかけ、中火で軽く焼く。

  • お皿にそれぞれの料理を盛りつければあっという間に完成!栄養満点なワンプレートの出来上がり♪

今回使用した「奈良の木」吉野杉 平皿/箸置き

20代から美容サロンを経営し、モデル・アイリスト・ファッションプロデューサーとして幅広く活躍する高山直子さん。高山さんのインスタグラムには、普段の食事やファッションなど、日々の暮らしが垣間見え、その飾らない人柄と丁寧な暮らしが人気を呼んでいます。そんな高山さんに今回選んでいただいた奈良の木のアイテムは、工房アップル・ジャックの『吉野杉の平皿』と『吉野杉の箸置き 4個セット』。「木の香りが素晴らしい!」とおっしゃる高山さんに、奈良の木の器を使った感想と魅力を伺いました。

――今回、奈良県産の吉野スギを使ったお皿と箸置きを選んでいただきました。それぞれ使用してみて、感じたことやよかったことを教えてください。

『吉野杉の平皿』は、木の香りが素晴らしく、木目が食材を引き立たせてくれます。どんなお料理にも合いそうで、今後もリピート間違いなしです!また、『吉野杉 箸置き 4個セット』も使ってみましたが、こちらは軽いのに安定感と高級感があってとっても使いやすかったです。

――高山さんが思う“木”という素材の魅力とは?

奈良の木などの、木の優しい木目は、日常に馴染みやすくどなたでもリピートしやすいと思います。手に触れる柔らかな木の感触や、食材が映える優しい色味、木本来の自然な香り。どれを取っても、すっとその人の生活に寄り添ってくれる。そんなアイテムです。

取材・編集:奈良の木のこと 編集部
写真:高山直子

Profile

高山直子/<Fraisier>代表・<la Balance>ディレクター・モデル

1984年生まれ。株式会社Fraisierの代表として、まつ毛エクステサロン、ネイルサロンを、東京にて5店舗展開。ファッション誌やカルチャーマガジン、テレビ番組出演など「女性の美のトータルプロデューサー」として活躍の場を広げ、2016年には初のスタイルブック『NAOKO balance』を双葉社より出版。“キレイ”と“カワイイ”のエバンジェリストとして日々情報発信を続けている。

Instagram:@nao_70koro

LINE BLOG:https://lineblog.me/takayamanaoko/

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

秋の味覚を堪能!古民家カフェから日本酒バーまで!奈良の食文化が楽しめるおすすめスポット5選!

長かった夏も終わりを迎え、風が涼しく心地よい季節になってきた今日この頃。山々に囲まれた自然豊かな奈良県は、日本酒発祥の地であり、大和野菜や大和肉鶏・大和牛・ヤマトポーク、ヒノヒカリなど自然の恵から生まれた食材が溢れる食の宝庫でもあります。

2018.09.14

お役立ち記事

知ると面白い!奈良の木が住まいになるまで。「山」と「市場」編

日本屈指の高い品質を誇る奈良の木。吉野スギ・吉野ヒノキに代表される奈良の木材は、私たちに癒しや温もりだけでなく、香りを感じたり触れたりすることで、心身ともに健康で快適な暮らしを与えてくれます。

2018.08.29

まとめ記事

夏本番!季節の変わり目にぴったりなインテリア雑貨と旬な作家をご紹介 #奈良の木のある暮らし

梅雨や日差しの強い日など不安定な天候が続くこの季節、春が終わり本格的な夏を迎えるのに身支度や身の回りの物を新しい装いにしたい時期です。そこで、奈良の木のことでは「インテリア」をテーマに食器や小物など普段の私たちの生活に身近な、自然に取り入れたい、奈良の木を使ったインテリア雑貨をご紹介します。さまざまなプロダクトに落とし込まれた奈良の木を使った作品と、その作品を手がける工房と作家さんにフィーチャーしてお届け。日々過ごす部屋だからこそ、自分だけのとっておきの空間を、こだわりの一品を見つけてみてください。

2018.07.20

  • トップページ
  • マガジン
  • 木の器でごはんを食べよう。高山直子が作る、たっぷり夏野菜のプレートレシピ #奈良の木のある暮らし