クラスター事案(飛鳥病院第4報(最終報))

院内感染事案(クラスター事案)

内容

飛鳥病院において、これまでに入院患者20名、職員16名 計36名の感染が判明しました。感染状況から、院内感染(クラスター)が発生したと考えられます。
また、健康観察期間が終了し、新たな感染者の発生は確認されていないことから、院内感染事案は終結し、本日(11月18日)から、飛鳥病院はすべての病院機能を再開します。





この件に関して詳しくはこちらへ