柿渋によるコロナ感染症動物モデルでの重症化予防等を証明

奈良県立医科大学

柿渋によるコロナ感染症動物モデルでの重症化予防等を証明

内容

奈良県立医科大学免疫学講座の伊藤利洋教授らの研究グループは、柿から高純度に抽出した柿タンニン(柿渋)を口腔内に投与することで新型コロナウイルス感染症の重症化予防および感染伝搬を抑制できることを動物モデルで実証しました。





この件に関して詳しくはこちらへ