奈良県立医科大学研究成果について

奈良県立医科大学研究成果について

神経変性疾患における相分離制御破綻の機序解明

内容

奈良県立医科大学、立命館大学、徳島大学、名古屋大学らの共同研究チームは、C9orf72遺伝子の非翻訳領域リピート異常伸長が原因のALSやFTDにおいて産生される毒性ペプチドが、相分離制御因子の機能を阻害する分子メカニズムを明らかにしました。





この件に関して詳しくはこちらへ