人工赤血球から新規シアン中毒解毒剤を開発

人工赤血球から新規シアン中毒解毒剤を開発

内容

慶應義塾大学薬学部、奈良県立医科大学、崇城大学DDS研究所の研究グループは、メトヘモグロビンを脂質膜で被覆したリポソーム型シアン中毒解毒剤を開発しました。





この件に関して詳しくはこちらへ