柿タンニンが潰瘍性大腸炎モデルマウスの病態を改善

奈良県立医科大学

柿タンニンが潰瘍性大腸炎モデルマウスの病態を改善

内容

奈良県立医科大学免疫学講座の伊藤利洋教授らの共同研究グループは、柿より高純度に抽出した柿タンニン(柿渋)が、潰瘍性大腸炎で増加する腸内の悪玉菌の増殖と炎症反応を抑え、潰瘍性大腸炎の病態を改善できることを動物モデルにて実証しました。





この件に関して詳しくはこちらへ