地域での取り組み

要援護者対策の目的の一つは、防災だけでなく、希薄化した地域コミュニティを再構築する中で防犯活動に役立てること、孤立しがちな要援護者が、人と人とのつながりを深め、地域の中に溶け込めるよう環境づくりをすることにあります。
したがって、支援者に限らず、支援組織が一体となって、要援護者に対し、日頃から声掛けを行い、存在を気に掛けること、また地域活動があれば、参加を促すなどの対応が大切です。