まとめ記事

2019.08.23

奈良に来たなら買うシカない。「奈良の木のこと」おすすめ鹿グッズ!

奈良と言えば鹿。鹿といえば奈良。
その愛くるしい見た目から、奈良県マスコットキャラクターのせんとくんや、奈良市観光協会のマスコットキャラクターしかまろくんなど時代とともに人気を集めてきた奈良の鹿。今から約1300年前の春日大社創建の際、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が白い鹿に乗ってやってきたことから、奈良では鹿を"神様の使い"として大切にしてきました。古都の文化とともに奈良に根付いてきたのが奈良の鹿です。

また、日本で最も古い植林の歴史をもつ「吉野林業」の吉野スギ・吉野ヒノキなど、「奈良の木」も古来から受け継がれてきた歴史があります。奈良にはそんな「奈良の木」で作られた「鹿」のプロダクトがあることをご存知でしょうか?

近年、外国人観光客の間で密かに注目されている奈良県。「奈良の木」を育て育む木の生まれ故郷 奈良で人気の「鹿」をモチーフにしたお土産グッズをご紹介します。

木の香りに癒されて。木を使ったおすすめ鹿グッズ!

鹿みくじ(春日大社)

世界遺産「古都奈良の文化財」のひとつである春日大社で授かることができるキュートな『鹿みくじ』は、古来より神の使いとしても崇められてきた奈良の鹿に因んだおみくじ。奈良を代表する伝統工芸「奈良一刀彫」でひとつひとつ丁寧に作られた「一刀彫の鹿みくじ」はそれぞれ表情が違い、同じものはふたつとない一点モノです。真心込めて作られたおみくじに願いを込めて、自分だけの鹿を選んでみてはいかがでしょうか。

  • 御初穂料 : 500円
  • 春日大社にて授与

鹿のブローチ(je ét nous)

記念日やお祝いなど、ちょっとした特別な日には、胸元を華やかに演出してくれる『鹿のブローチ』がおすすめです。奈良の古道具と雑貨の店「je ét nous(ジュエヌ)」のブローチは、吉野スギを使った優しい木目が特徴の鹿の横顔を象った気品溢れる一品。ストールやネクタイなどの小物との相性も良く、木の醸し出す落ち着いた印象を与えてくれます。

鹿のスタンプ(je ét nous)

オス鹿・メス鹿・ペアの3種類の鹿の絵柄が、繊細な線彫で描かれた『鹿のスタンプ』。ちょっとしたお土産にはもちろん、大切な人への感謝やお祝いの言葉とともに、手紙やメッセージカードに華を添えてくれます。奈良旅行の思い出や遠くの知人へのお便りに。SNSや電子メールなど、便利に手っ取り早く言葉を伝えられる時代だからこそ、温かみや想いを伝えることのできる手紙や便りは、メッセージ性もより強く、特別な印象を与えてくれますよ。

鹿のブローチ
  • 価格:2,800円(税込)
  • サイズ:約W6cm × H7cm
鹿のスタンプ
  • サイズ:(印面)約W2.8cm×H2.8cm/(全体)約W3cm×H3cm×D2.3cm
  • 販売・製造元:je ét nous(店舗:je ét nous /PaPiER+)

わっぱ日和(吉辰商店)

  • ※焼印は現在鹿の焼印のみで販売中

ほんのりピンク色の木目が美しい吉野スギの『わっぱ日和』。吉野スギの柔らかな香りもさることながら、吸湿性の高い木材でできた「曲げわっぱ」は、ご飯の湿度を自然に調整してくれるため、モチモチのしっとりとしたお米の食感を保ってくれます。鹿の焼印とコロンとした見た目も可愛らしく、いつものお弁当を楽しく華やかに彩ってくれますよ。

  • 価格:2,800円(税別)
  • サイズ:(器)約 D14.5cm×W8cm×H5cm/(フタ)約 D16.5cm×W9.8cm
  • 販売・製造元:吉辰商店

ひのきのアロマキャンドル(鳶や)

蓋をあけるとかき氷のような真っ白なキャンドルが顔をのぞかせる『ひのきのアロマキャンドル』は、火を灯せば、ゆらゆらと静かに揺れる炎と吉野ヒノキのやさしい香りが漂う、癒しのアロマキャンドルです。鹿マークが施されたアルミ蓋はインテリアとしてもおしゃれで、スタイリッシュにお部屋に溶け込んでくれるはず。どっと疲れた1日の締めくくりに、心地良いアロマキャンドルで癒され、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

箸・箸置きセット(鳶や)

お箸の端に鹿のツノが描かれたとってもキュートな『箸・箸置きセット』。まっすぐ伸びる吉野スギの美しい木目と繊細な焼き加工の絵柄は、女性らしく柔らかなデザインのお箸です。箸置きには凛と佇む鹿が描かれ、セットで使うとより一層可愛らしい印象に。奈良産のお箸に奈良を象徴する鹿が焼印された箸置きセットという、まさに奈良の魅力が詰まった逸品。お土産にも喜ばれること間違いなしです。

ひのきのアロマキャンドル
  • 価格:1,000円(税抜)
  • サイズ:約50g(W5.7cm×H2.5cm)
箸・箸置きセット
  • 価格:480円(税抜)
  • サイズ:(箸)約 24cm/ 箸置き D1.5cm×W6cm×H1.6cm
  • 販売・製造元:TONBIYA WORKS/鳶や

花鹿の一輪挿し飾り(中川政七商店)

まるで鹿の頭から花が咲いたように見える可愛らしい『花鹿の一輪挿し飾り』は、近畿地方のクスノキを使った置き飾り。正倉院宝物に描かれている花の角が生えた「花鹿」を模っており、角の部分を取り外し、付属の小さな瓶を差し込むと一輪挿しにもなり、2通りの使い方ができます。四季折々の花々を生け、季節を感じながらお部屋を彩ってみてはいかがでしょうか?

あれもこれも鹿だらけ!「奈良の木のこと」おすすめ鹿グッズ

110周年記念・限定パッケージ赤箱 (奈良ホテル)

“時代が変わっても、変わらないもの”のコンセプトのもと、あの牛乳石鹸「カウブランド赤箱」と奈良が誇る古都のホテル「奈良ホテル」の110周年を記念して生まれた『110周年記念・限定パッケージ赤箱』。デザインはそのままに、トレードマークの牛が奈良を象徴する“鹿”になった特別仕様で、ホテル宿泊者へのプレゼントのために作られた限定モデル。ぜひ奈良を訪れた際には、レトロ感漂う街並みを愉しみながら可愛らしい鹿の赤箱をゲットしてみてくださいね。

  • 条件:ホテル宿泊者/限定プラン利用者
  • 期間:〜2020年3月31日(火)まで
  • 提供元:奈良ホテル

鹿マークキーホルダー(えみいろ。)

微笑んで見える可愛らしい鹿の焼印がワンポイントの『鹿マークキーホルダー』。素材は、木目調の模様が美しい「柿渋染めの革」や、日本の伝統色をイメージした豊富なカラーバリエーションの「手染め革」といったオリジナルレザーを使用し、革の経年変化による風合いや色合いの変化を楽しむことができます。手のひらに収まる手馴染みの良いサイズ感と、上品な仕上がりのデザインはビジネス用としても重宝できる一品。マイホームや愛車のキーホルダーとして、大切な人への贈り物におすすめです。

  • 価格:1,800円(税抜)
  • サイズ:D12cm×W4.5cm
  • 販売・製造元:えみいろ。

白い鹿のプリン(まほろば大仏プリン本舗)

奈良のスイーツといえば、かき氷や大和茶を使ったあんみつなどの甘味処が有名ですが、ユニークなイラストが可愛い『白い鹿のプリン』もおすすめです。白い鹿のプリンは、ヨーグルト・モンブラン・ホワイトコーヒーの3種類。ビンの蓋に奈良に因んだモチーフが描かれたお土産としても喜ばれる、おすすめスイーツです。さらにこの「まほろば大仏プリン本舗」では使用したビンのリサイクルのほか、こだわり抜いた安心安全な地元食材を使用するなど、奈良の人々の優しい気持ちがこもった真心溢れる一品。奈良を訪れた際には、やさしく甘い「まほろば大仏プリン」をぜひ堪能してみてください。

  • 価格:432円(税込)
  • 販売・製造元:まほろば大仏プリン本舗

「奈良の木」を使ったものを始め、さまざまな「奈良の鹿グッズ」は、その可愛らしいフォルムやデザインとともに癒しと安らぎを与えてくれます。奈良の思い出の一つに、大切な人への贈り物に、お気に入りの鹿グッズを探してみてくださいね。

文・編集:明智沙苗

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

秋の味覚を堪能!古民家カフェから日本酒バーまで!奈良の食文化が楽しめるおすすめスポット5選!

長かった夏も終わりを迎え、風が涼しく心地よい季節になってきた今日この頃。山々に囲まれた自然豊かな奈良県は、日本酒発祥の地であり、大和野菜や大和肉鶏・大和牛・ヤマトポーク、ヒノヒカリなど自然の恵から生まれた食材が溢れる食の宝庫でもあります。

2018.09.14

お役立ち記事

知ると面白い!奈良の木が住まいになるまで。「山」と「市場」編

日本屈指の高い品質を誇る奈良の木。吉野スギ・吉野ヒノキに代表される奈良の木材は、私たちに癒しや温もりだけでなく、香りを感じたり触れたりすることで、心身ともに健康で快適な暮らしを与えてくれます。

2018.08.29

まとめ記事

夏本番!季節の変わり目にぴったりなインテリア雑貨と旬な作家をご紹介 #奈良の木のある暮らし

梅雨や日差しの強い日など不安定な天候が続くこの季節、春が終わり本格的な夏を迎えるのに身支度や身の回りの物を新しい装いにしたい時期です。そこで、奈良の木のことでは「インテリア」をテーマに食器や小物など普段の私たちの生活に身近な、自然に取り入れたい、奈良の木を使ったインテリア雑貨をご紹介します。さまざまなプロダクトに落とし込まれた奈良の木を使った作品と、その作品を手がける工房と作家さんにフィーチャーしてお届け。日々過ごす部屋だからこそ、自分だけのとっておきの空間を、こだわりの一品を見つけてみてください。

2018.07.20