まとめ記事

2018.04.20

新生活におすすめのプロダクトまとめ!吉野スギ・吉野ヒノキの特徴が光る、贈り物にも喜ばれるアイテム勢揃い

4月は進学や就職、引越しなど、新たな生活が始まる季節。新生活をはじめた人へのお祝いや、周囲へのご挨拶にどんなものを贈るべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのは、老若男女問わずに愛される、木製のシンプルなアイテム。今回は「新生活」をテーマに、新たな生活にぴったりな“奈良の木”を使ったプロダクトをご紹介します。もちろん贈るだけではなく自分で使うのにもおすすめ。シンプルで洗練されたデザインでありつつも自然のあたたかみを感じさせてくれるアイテムは、新生活を優しく彩ってくれそうです。

日常にこだわりを。特別感漂う『吉野杉のお箸』

両端にかけて細くなっていく利休箸のフォルムが美しい『吉野杉のお箸』は、吉野スギの間伐材の端材から作られた自然にも優しいお箸。薬品などを一切使わず、熱で減菌するなど手間ひまかけてつくられた、ほんのり特別感の漂うプロダクトです。新しい生活がはじまる季節、毎日をもっと充実したものにするために、まずはお箸などの普段使いのアイテムを、ちょっぴりこだわりのものに変えてみるのはいかがでしょうか。

INFORMATION
価格 900円(税抜)
サイズ 箸 24cm / パッケージ 9cm×31cm(10膳入り)
製造会社 中川政七商店
(〒630-8144 奈良市東九条町1112-1 / 0742-90-0039)
取り扱い店舗 日本市 奈良三条店
(奈良県奈良市角振新屋町1-1 ファインフラッツ奈良町三条 1F / 0742-23-5650)
オンラインストア 中川政七商店

可憐な箸置き『吉野小桜』で食卓に春の彩りを添えて

新しい生活が始まる季節の象徴である桜は、見る人の心を癒し、少し前向きな気持ちにさせてくれる特別な花。そんな桜の花をイメージした『吉野小桜』は、新生活のテーブルを可憐に彩り、幸せを運んできてくれそうな箸置きです。また、かさばらずいくつあっても困らない箸置きは、贈り物にも喜ばれるアイテム。新たな一歩を踏み出した人へのお祝いギフトとしてもおすすめです。

INFORMATION
価格 販売小売希望価格4,500円(税抜)
サイズ (1個あたり)長辺55mm、短辺25mm、厚さ15mm
※吉野杉(5個入り)または吉野桧(5個入り)のいずれかをお選びください。
販売元 一般社団法人吉野かわかみ社中
(〒639-3553 奈良県吉野郡川上村迫1335-9 / 0746-52-9555)

お部屋のグリーンをより引き立てる、木のぬくもりが感じられる植木鉢

吉野スギの持つ美しい木目や曲線を生かした植木鉢『CURVE』。その名の通り、なだらかな丸みのあるフォルムに縁取りを年輪に沿うようカーブで仕上げた植木鉢は、シンプルでありつつも木のぬくもりを感じられます。また、底面には水はけ用の穴が空いており、表面にはウレタン・コーティングが施されているので、直接水をあげても大丈夫。見た目だけではない使い勝手の良さもポイントです。

INFORMATION
価格 3,500円(税抜)
サイズ 9cm×9cm
製造業者 FUQUGI
(〒899-6505鹿児島県霧島市牧園町持松2108-128 / 080-1787-2793)
取り扱い店舗 http://www.fuqugi.com/shop.html
お問い合わせ mail: fuqugi@gmail.com
tel: 080-1787-2793

バランスと創造的感性を育む積み木『tumi-isi』

吉野スギ・吉野ヒノキをひとつひとつ異なるサイズ・形状に面取りし、職人の手仕事で仕上げられた『tumi-isi』は、バランスと創造的感覚を養うための積み木です。着色やコーティングも天然塗料をつかい、使い込むと素朴な風合いになってくるのも魅力。出産や入園入学のプレゼントとしてはもちろん、積み上げずに置いておくだけで、インテリアとしてもサマになるので、大人の方への遊び心ある贈り物としてもおすすめです。

INFORMATION
価格 8,300円(税抜)
製造業者 エーヨン(有限会社アーブル/デザイン事業部)
(奈良オフィス 〒633-2431奈良県吉野郡東吉野村小708番地 / 050-5856-9856)
取り扱い店舗 OFFICE CAMP HIGASHIYOSHINO(奈良)
(〒633-2421奈良県吉野郡東吉野村小川610-2 / 0746-48-9005)
d47 design travel store(東京)
(〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ8F / 03-6427-2301)
オンラインストア tumi-isi OFFICIAL STORE

春の装いのアクセントに!軽やかに揺れる『spin-off 吉野杉のピアス ドロップ』

女性の方へのちょっとした贈り物なら、こんな気負わない木のアクセサリーはいかがでしょうか? 可愛らしい雫型のピアス『spin-off 吉野杉のピアス ドロップ』は、吉野スギや吉野ヒノキの産地として500年以上の歴史を誇る川上村の吉野スギを使ったもの。村の若い木工職人さんが1つ1つ手作りでつくっているそうです。これからの季節の装いにぴったりなピアス(イヤリングもあります)は軽やかに風に揺れ、良い香りを漂わせてくれます。

INFORMATION
価格 2,400円(税抜)
製造業者 spin-off
オンラインストア やまいき市 *ネット販売のみ。やまいき市のECサイトにて掲載、販売。

いつものティータイムを格上げしてくれる。和菓子にも洋菓子にも合うカフェトレイ

「家でのティータイムでも、カフェにいるような気分を味わいたい!」そんな時には、カフェトレイを置いてみてはいかがでしょうか?吉野スギの柾目(まさめ)を矢羽根柄に組み合わせた、柾波(まさなみ)加工の『杉波カフェトレイ』は、いつものティータイムを格上げしてくれそうです。お茶×和菓子、コーヒー×洋菓子どちらにもしっくりくるので使い勝手の良さも◎。

INFORMATION
価格 販売小売希望価格7,150円(税抜)
サイズ 縦 135mm、横 240mm、厚さ 約15mm
販売元 一般社団法人吉野かわかみ社中
(奈良県吉野郡川上村迫1335-9 / 0746-52-9555)

年月が経つほどに馴染んでいく。シンプルなのに味わい深い『森のくろっく』

シンプルなデザインでどんな空間にも馴染む『森のくろっく』は、吉野スギ・吉野ヒノキそのものの木目や優しい表情を楽しめるプロダクト。年月が経つごとに色艶が増し味わい深くなっていくという、持ち主と一緒に成長してくれる時計は、新生活の門出にぴったり。数年後、生活にもすっかり慣れた頃、『森のくろっく』がどんな風合いになっているのか……長く使い続けることで、表情の変化を楽しむことができるのも、木のプロダクトならではの特徴です。

INFORMATION
価格 販売小売希望価格8,400円(税抜)
サイズ 縦150mm、横150mm、厚さ 約15mm(針の厚みを含む)
販売元 一般社団法人吉野かわかみ社中
(奈良県吉野郡川上村迫1335-9 / 0746-52-9555)
※吉野杉または吉野桧のいずれかをお選びください。

心をほっと落ち着かせるヒノキの香りで、お部屋にいながら森林浴

エッセンシャルオイルというと、ローズやラベンダーなどの花の香りが一般的ですが、たまにはヒノキの香りで癒されてみるのはいかがでしょうか?日本の植物・自然・文化をテーマにしたエッセンシャルオイルシリーズ「ジャパニーズエアー」の『JB02 吉野檜』は、奈良で育った吉野ヒノキの精油を中心にブレンドされた香り高いオイル。古来から寺院などにも用いられるヒノキの無垢で柔らかい香りは、新生活での慣れない環境や人間関係に疲れた心を落ち着かせ、優しくほぐしてくれそうです。

INFORMATION
価格 10mlオイル/2,000円(税抜)
製造会社 アットアロマ株式会社
(〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-23 サンタワーズB棟4階 /
03-6453-4231)
取り扱い店舗 @aroma store
オンラインストア @aroma online store

吉野スギや吉野ヒノキを使った優しい表情のプロダクトは、新生活につかれた心をほっと落ち着かせてくれるはず。大切な人の新たな門出のお祝いに、そして新たな生活に飛び込む自分に、吉野スギ・吉野ヒノキのプロダクトを取り入れてみてはいかがでしょうか?

文・編集:浅井智子

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

吉野スギの魅力が溢れる、暮らしとこころを豊かにするインテリア家具まとめ#奈良の木のある暮らし

新生活が始まってからはや一ヶ月。慣れない職場や新しい環境にストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。そんな時、自宅は自分の時間を楽しむくつろぎの場所であり、こだわりたい空間です。

2018.05.11

レポート/インタビュー記事

<rooms EXPERIENCE 36>に奈良の木ブースが登場。こだわりの技法で家具を生み出すブランド「市 ichi 」と「studio Jig」に吉野スギの魅力を訊く。

アッシュ・ペー・フランスが主催する日本最大級のファッションとデザインの合同展示会<rooms EXPERIENCE 36>が、2月21日(水)~23日(金)の3日間、五反田TOCビルで開催されました。

2018.03.09

レポート記事

【後編】伐採現場から特殊加工工場まで、現場で奈良の木の魅力を体感する<奈良の木見学ツアー>レポート

奈良の林業の中心地である吉野地方で、川上から川下の現場を訪ねる<奈良の木見学ツアー>が開催されました。現場や工場の見学、各所の責任者による説明、質疑応答などを通して、奈良の木の現状や魅力をより深く知ることができた1泊2日の様子を前後編と2回に分けてお届けします。

2018.01.15

  • トップページ
  • マガジン
  • 新生活におすすめのプロダクトまとめ!吉野スギ・吉野ヒノキの特徴が光る、贈り物にも