まとめ記事

2019.11.29

子どもの自由な感性を育む「奈良の木のこと」おすすめ木育スポット5選!

自然豊かな土地で育った日本の木。その木を伐って使うことこそが、健康な森林サイクルを保ち、豊かな森林を未来に残すことにつながる。奈良県では、そんな木や自然への親しみを大切に思う心を育て育む「木育」事業に取り組んでいます。そこで「奈良の木のこと」では全国各地に広がりつつある「木育」をキーワードに、商業施設や子どもの遊び場など、私たちの生活の身近にある木育スポットをご紹介します。

買い物ついでに気軽に木育、無印良品「木育広場」

無印良品』の木育広場は、買い物ついでに立ち寄れる親子の遊び場。子ども用品売り場のある店舗を中心に全国66店舗に設置されており、ヒノキの床やスギの囲いなど、木の優しい温もりに包まれながらゆったりと遊ぶことができます。東京・渋谷西武店では託児サービス「木育ルーム」を開設。木育をテーマにした週替わりの体験プログラムのほか「おもちゃコンサルタント」による遊び方の相談も受け付けており、気軽に親子で遊びながら木について学べるというのも嬉しいポイントです。

INFORMATION

無印良品「木育広場」実施店舗一覧

豊かな遊びの環境で子どもに自由な発想を「創・造・冒・険」

山や森、川、公園に原っぱなど緑溢れる自然の空間は、子どもが自由な発想で遊びを楽しむ学びの場。『創・造・冒・険』は、多種多様な樹種の木から作られた自然の造形が広がる屋内の遊び場です。ららぽーと立川立飛2階の2区画約300坪もの広い空間は、木の温もりに包まれながらのびのびと遊ぶことができるので、まるで森の中にいるような感覚。ここでは具象的なオモチャやゲームなどの決められた遊び方はなく本来自分で遊びを考え工夫する“遊びの天才”である子どもたちが、その本領を発揮できるようにと、自分のペースで主体的に考えて遊ぶことのできる環境づくりがされています。室内なので天候に左右されることなく、一日中遊ぶことができるので、雨の日など公園に遊びに行くことができない日にもおすすめです。

INFORMATION

屋内の森あそび体験「創・造・冒・険」

住所 〒190-0015 東京都立川市泉町935−1 ららぽーと立川立飛2階
URL https://sozoboken.com/

おもちゃ遊びから生まれる家族のコミュニケーション「ときなる」

木のおもちゃはシンプルで遊び方のルールがないものが多く、子どもから大人まで自由に遊びながら想像力を働かせ創造性を育んでくれます。そんなグッドトイが集まる『ときなる』は、国内外のおもちゃ作家の作品700点以上を揃えるおもちゃショップや、0歳児から家族で遊べる木育ひろばなど、子どもの成長と家族のコミュニケーションにスポットを当てた木育施設。遊びの空間だけでなく、授乳室やおむつ替えの部屋など育児設備も充実しているので、赤ちゃん連れの家族でも安心して利用することができます。

※グッドトイ…認定NPO法人 芸術と遊び創造協会が認定した良質なおもちゃ

 

INFORMATION

子どもを育む巣箱「ときなる」

住所 〒910-0006 福井県福井市中央1丁目21−35 AUBEビル 1F2F
URL https://tokinaru.jp/

遊具にグルメ、本屋まで。親子で楽しめる「森のわくわくの庭」

子どもと一緒にパパやママだって思いっきり楽しみたい、そんな人には『森のわくわくの庭』がおすすめです。ボルダリングや迷路など身体を思う存分に動かして遊べる木の遊具に加えて、養老店では高山ラーメンや飛騨牛コロッケなど、地元・岐阜県のおいしいグルメが楽しめるフードコーナーも隣接。また、登山や山グルメといった、「森」「食」「考」「育」などの各テーマに合わせて選書された本屋も入っているので、子どもが遊ぶ間にゆっくりと読書を楽しむことができます。自由に楽しめる空間だからこそ自分らしさや感性を育むことができるはず。親子でのびのびと遊びながら、木の温もりや優しさに触れてみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

森のわくわくの庭 養老店/輪之内店

※各店舗、営業時間10:30~18:00(最終受付17:00)/入場料 3歳未満 無料、3歳以上 600円、55歳以上 400円

住所 〒503-1335 岐阜県養老郡養老町宇田582番1 イオンタウン養老ショッピングセンター内
住所 〒503-0204 岐阜県安八郡輪之内町四郷280番1 イオンタウン輪之内ショッピングセンター内
URL https://www.moriwakunoniwa.jp/

地域と繋がる木育『川西文化会館』の木育広場

最後は地域と繋がる木育スポット、奈良県・川西町にある『川西文化会館』の木育広場。木の玉プールや積み木など、吉野スギ・吉野ヒノキといった香り豊かな奈良県産の木の遊具で遊ぶことができます。子どもはもちろん、親同士のコミュニティの場としても活用できるので、木育を通して人との繋がりを育むことができるのも魅力のひとつです。

INFORMATION

川西文化会館 木育広場

住所 〒636-0202 奈良県磯城郡川西町大字結崎32−1
URL https://www.town.nara-kawanishi.lg.jp/category_list.php?frmCd=25-3-2-0-0

木のおもちゃや木育広場は、木の温もりや優しさを伝えるとともに、自由な発想と感性、創造力を育んでくれます。今回紹介したスポット以外にも、全国各地に広がりつつある「木育」の輪。日々の買い物やちょっとした週末のお出かけの際に、気軽に「木育」をはじめてみてはいかがでしょうか?

文・編集:明智沙苗

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

秋の味覚を堪能!古民家カフェから日本酒バーまで!奈良の食文化が楽しめるおすすめスポット5選!

長かった夏も終わりを迎え、風が涼しく心地よい季節になってきた今日この頃。山々に囲まれた自然豊かな奈良県は、日本酒発祥の地であり、大和野菜や大和肉鶏・大和牛・ヤマトポーク、ヒノヒカリなど自然の恵から生まれた食材が溢れる食の宝庫でもあります。

2018.09.14

お役立ち記事

知ると面白い!奈良の木が住まいになるまで。「山」と「市場」編

日本屈指の高い品質を誇る奈良の木。吉野スギ・吉野ヒノキに代表される奈良の木材は、私たちに癒しや温もりだけでなく、香りを感じたり触れたりすることで、心身ともに健康で快適な暮らしを与えてくれます。

2018.08.29

まとめ記事

夏本番!季節の変わり目にぴったりなインテリア雑貨と旬な作家をご紹介 #奈良の木のある暮らし

梅雨や日差しの強い日など不安定な天候が続くこの季節、春が終わり本格的な夏を迎えるのに身支度や身の回りの物を新しい装いにしたい時期です。そこで、奈良の木のことでは「インテリア」をテーマに食器や小物など普段の私たちの生活に身近な、自然に取り入れたい、奈良の木を使ったインテリア雑貨をご紹介します。さまざまなプロダクトに落とし込まれた奈良の木を使った作品と、その作品を手がける工房と作家さんにフィーチャーしてお届け。日々過ごす部屋だからこそ、自分だけのとっておきの空間を、こだわりの一品を見つけてみてください。

2018.07.20