まとめ記事

2018.05.11

吉野スギの魅力が溢れる、暮らしとこころを豊かにするインテリア家具まとめ#奈良の木のある暮らし

Yoshino Cedar is Overflowing with Charm, a Collection of Interior Furniture that Enriches one’s Mind and Life #Nara’sWoodLiving

吉野杉的魅力四射、使生活和心灵都丰润的装饰家具荟萃#拥有“奈良之木”的生活

吉野杉的魅力四射、使生活和心靈都豐潤的裝飾家具薈萃#擁有“奈良之木”的生活

요시노스기의 매력이 넘치는, 생활과 마음을 풍족하게 하는 인테리어 가구 모음 #나라의 나무가 있는 생활

新生活が始まってからはや一ヶ月。慣れない職場や新しい環境にストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。そんな時、自宅は自分の時間を楽しむくつろぎの場所であり、こだわりたい空間です。今回は、そんなくつろぎ空間にぴったりの木製家具のご紹介。「インテリア」をテーマに、椅子や照明などの“奈良の木”を使用した家具と、その作品を手がける職人・作家の方々をご紹介します。洗練されたデザインと様々な技法を駆使して作られた、材質から仕上げにまでこだわった作品はどれも一級品。インテリアを彩る良質な家具は、私たちの生活と心を豊かにしてくれますよ。

包み込まれるような座り心地の座椅子「CJ2 Legless Chair」

“CJ2 Legless Chair,” Wrap yourself in a Comfortable Legless Chair

仿佛被贴身包裹住的、舒适至极的无腿椅子「CJ2 Legless Chair」

仿佛被貼身包裹住的、舒適至極的無腿椅子「CJ2 Legless Chair」

감싸안아주는 듯 편안함을 주는 좌식의자 ‘CJ2 Legless Chair’

奈良県吉野郡川上村で木工椅子を製作する「studio Jig」は、製造業で使用する器具の総称「jig」名の通り、工房で使う「治具(※)」のように、どんな場所にも合うオールマイティな家具から、ある環境でこそ使い勝手の良くなる家具まで、個人のスタイルや環境に合わせたものづくりを提案しています。以前、本サイトでもご紹介した木工房ブランドで、木工作家の平井健太さんは吉野スギに魅力を感じて奈良県に移り住んできた作家のひとりです。

※治具(じぐ)・・・機械工作の際,刃物や工具を加工物の正しい位置に導くために用いる補助工具のこと。日本では当て字で「治具」と表記されている。

そんな平井さんのおすすめは、曲げ木の技術を使ったアームが特徴の座椅子『CJ2 Legless Chair』。家具の国際デザインコンペティション<国際家具デザインフェア旭川2017>でブロンズリーフ賞を受賞した作品でもあり、吉野スギのやわらかさを残した滑らかなカーブと、体全体をしっかりと支えてくれるアームと座面は座り心地抜群。塗装は撥水セラミック塗料を使っているので、木が持つ本来の表情や美しさを保ってくれます。床に近い座椅子は、まさに居心地の良い空間にぴったりなアイテム。また、天井が高く感じられ、部屋全体を広く見せてくれるので、インテリアとしてコンパクトにまとめることができます。

作家コメント

「CJ2 Legless Chair」は吉野スギで製作した座椅子です。一般的に、スギ材は軽くやわらかい為、家具用材には不向きとされてきました。しかし、年輪の緻密な吉野スギの薄い単板を何枚も重ね、型を使用せず自由に曲げ木加工する事で接合部分を無くし、やわらかいスギ材でも家具を製作する事ができました。一筆書きの様に成形された曲線は、床から立ち上がったり、座った際に自然と手を添えられるアームと、緩やかに背中を支える背板へとつながります。

by平井健太さん
INFORMATION
価格 98,000円(税抜)
サイズ W600×D450×H320×SH50(mm)
製造元 studio Jig info@studiojig.com / 070-2837-5298
※製品に関するお問い合わせは工房へ直接ご連絡ください。

自然豊かな土地で生まれた『ビブラートチェア』で贅沢なひと時を。

A Luxury Experience in the “Vibrato Chair,” Born from the Natural and Rich Earth

享受自然资源丰富的土地上诞生的“颤音椅子”之奢侈一刻

享受自然資源豐富的土地上誕生的“顫音椅子”之奢侈一刻

풍요로운 자연의 땅에서 태어난 ‘비브라토 체어’로 우아한 한 때를

  • ビブラートチェア シングル

兵庫県神戸市の地、六甲山系をこえたところに位置する「徳永家具工房」からご紹介。田んぼと里山が広がる静かな地で、個性を持った“素材”として木と向き合い人々の生活の場に送り出す。そんな工房を営むのが木工作家の徳永順男(とくながとしお)さんです。ペーパーを一切使わず、鉋(かんな)だけで仕上げる"kanna-finish"で椅子をつくる徳永さんの作品は、仕上がりの美しさと心地の良い肌触りが特徴です。

そんな徳永さんのおすすめは、アコーディオンのジャバラのような背もたれが特徴の『ビブラートチェア』。吉野スギの柾目(まさめ)を生かした木目の曲線と、包まれるような座り心地の座面は、鉋仕上げだからこそ生み出せるデザインです。シングルとダブルの2種類があり、椅子としてだけでなく花や小物など、インテリアとしてのディスプレイとして飾るだけでも絵になる一脚。一人でゆっくり贅沢な時間を過ごす時や、ダブルは大切な誰かと二人で寄り添いあって座るのにもおすすめです。

  • ビブラートチェア ダブル
作家コメント

吉野スギは人が自然にはたらきかけた見事な結晶です。素直な柾目(まさめ)を生かした椅子をデザインしてみました。シングルはすっきりとした和風、ダブルの椅子は音の動きを表しています。また、スギのやわらかな手触りや座り心地を大切にしつつ、丈夫な構造を追求しました。ガラス塗料を使用しているので、材の質感をそのまま残しながらも汚れにくい特徴を持っています。

by徳永順男さん
INFORMATION
サイズ ビブラートチェアシングル W440×D450×H920(mm)
ビブラートチェアダブル W980×D450×H920(mm)
製造元 徳永家具工房 (〒673-1119 兵庫県三木市吉川町鍛冶屋304-1 / 0794-73-1546)
※製品に関するお問い合わせは工房へ直接ご連絡ください。

暮らしの品と質を高めてくれる『スツール』

A “Stool” that Enhances the Products and Quality of Life

提升生活品味和质量的“无靠背椅子”

提升生活品味和質量的“無靠背椅子”

생활의 품격과 질을 높여주는 ‘스툴의자’

鉋によって削り出された優雅なこの『スツール』は、吉野スギそのものの美しさやぬくもりを感じることができる椅子です。スツールを手がける下市木工舎「市 ichi」は、サンドペーパーを使わず鉋だけで作品を仕上げる「徳永家具工房」より独立した森幸太郎さんが働く工房です。森さんもまた、500年にわたる吉野スギの歴史と魅力に惹かれ、木と暮らす豊かな日々を届けていきたいと奈良県に移住してきた作家のひとりです。

そんな森さんのオリジナル作品『スツール』は、スッキリとしたデザインの中にも木目の上品さや座り心地の良さが考えられた森さんこだわりのデザインです。背もたれがないスツールでも、姿勢を保てる座面は座っていても疲れにくく、機能面も兼ね備えた一脚。森さんの細部までのこだわりを感じることができます。日々の暮らしの品と質を高めてくれる、そんな椅子に出会ってみませんか?

作家コメント

柾目が美しい吉野スギは、削り出された曲面の流れがそのまま木目の流れに現れます。だからこそ、直線的な木目が特徴の吉野スギを削ることで表現できる、動きのある美しい曲線美を目指しました。また、スギには他の樹種に比べてやわらかく、触れたときに温かみを感じるという特徴があります。これらの特徴に鉋による滑らかな曲面が加わることによって、これまでにない優しい座り心地の木の椅子となりました。

by森幸太郎さん
INFORMATION
価格 ナチュラルタイプ ¥55,000(税別)、鉄染タイプ ¥60,000(税別)
サイズ W480×D380×H470×SH430(mm)
材種 背・座 / 吉野スギ、脚 / ケヤキ
製造元 下市木工舎 市 ichi (〒638-0001 奈良県吉野郡下市町阿知賀61 / 0747-68-9118)
※製品に関するお問い合わせは工房へ直接ご連絡ください。

吉野スギの穏やかな香りと光を楽しむ間接照明

Yoshino Cedar’s Calm Fragrance and Light Can Be Enjoyed in Direct Light

可以享用吉野杉沉稳香味和光泽的间接照明

可以享用吉野杉沈穩香味和光澤的間接照明

요시노스기의 은은한 향과 빛을 즐길 수 있는 간접조명

最後は、雰囲気ある空間づくりには欠かせない間接照明のご紹介です。昼間はインテリアとして、夜は部屋を彩る照明として、インテリアに欠かせない照明は吉野スギと相性が良いんです。吉野スギの穏やかな香りとやさしい手触りは、照明の暖かな光とともに癒しの空間を演出してくれます。そんな照明を作るのが、奈良県吉野郡大淀町に工房を構える照明作家・中瀬悦二さんです。

中瀬さんの作品は、ガラス工芸に多用されるサンドブラストという技法で、年輪の硬い部分である冬目(※)を残し、やわらかい夏目(※)をゆっくり時間をかけて彫り抜いて作品を仕上げていきます。こちらの『杉灯り_蕾 -tsubomi-』も技法特有の曲線を多用したデザインと照明の光が相まって、幻想的な空間を創り出します。光を包むように寄り添う、吉野スギの穏やかな表情と香りを楽しむことができる贅沢な一品です。

※冬目(ふゆめ)・・・木の成長が緩やかで、夏から冬にかけて成長する部分。厚さが薄く、硬くて色が濃い。
※夏目(なつめ)・・・木の成長が活発な春から夏にかけて成長する部分。厚みがあり、やわらかく色が薄い。
作家コメント

この作品は、夏になると工房の裏に咲くゆりの蕾をモチーフにしていて、吉野スギの特有のやわらかさから生まれる曲線を多用した作品です。光が内側に広がりながら上昇する様に、彫りは控えめにし、あえて年輪幅や木肌の色味を全て揃えず、カーブの開き具合や角度等も微妙に変化させることにより、デザイン的にまとまり過ぎていないおもしろさを表現しました。

by中瀬悦二さん
INFORMATION
価格 64,800円(税込)
※DC電源(コードレスLED電球)仕様は別途見積。
サイズ H400×W250×D350(mm)
製造元 木工×サンドブラスト 吉野杉透かし彫り(Ch Style) (〒638-0852 奈良県吉野郡大淀町持尾305 / 090-3997-0722)
※工房見学は事前連絡が必要となります。
※製品に関するお問い合わせは工房へ直接ご連絡ください。

さまざまな技法を使い材木から仕上げにまでこだわった作品は、どれも吉野スギ・吉野ヒノキの魅力を引き出し贅沢な空間を演出してくれます。日々の暮らしを彩る上質な木製家具で、心豊かなひと時を過ごしてみませんか?

文・編集:「奈良の木のこと」編集部

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

新生活におすすめのプロダクトまとめ!吉野スギ・吉野ヒノキの特徴が光る、贈り物にも喜ばれるアイテム勢揃い

4月は進学や就職、引越しなど、新たな生活が始まる季節。新生活をはじめた人へのお祝いや、周囲へのご挨拶にどんなものを贈るべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのは、老若男女問わずに愛される、木製のシンプルなアイテム。

2018.04.20

レポート記事

<WOOD コレクション2018>にて奈良の木ブランド課を含む4団体が奈良県から出展!

過去最多の33都道府県が参加した木材製品展示会<WOOD コレクション(モクコレ)2018>が、先月1月30日(火)〜31日(水)に東京ビッグサイトにて開催されました。

2018.02.22

レポート記事

【前編】自然木の銘木屋からコミュニティハウス「吉野杉の家」まで、現場で奈良の木の魅力を体感する<奈良の木見学ツアー>レポート

奈良の林業の中心地である吉野地方で、川上から川下の現場を訪ねる<奈良の木見学ツアー>が開催されました。現場や工場の見学、各所の責任者による説明、質疑応答などを通して、奈良の木の現状や魅力をより深く知ることができた1泊2日の様子を前後編と2回に分けてお届けします。

2018.01.11

  • トップページ
  • マガジン
  • 吉野スギの魅力が溢れる、暮らしとこころを豊かにするインテリア家具まとめ#奈良の木のある暮らし