まとめ記事

2017.09.01

奈良のおすすめスポット5選!紅葉シーズンに訪れたい吉野のスポットも

奈良での観光といえば、奈良市内での東大寺や興福寺などの仏閣巡り、奈良公園での鹿への餌やりが定番です。でも、奈良市内には特筆すべき美味しいご飯処もあり、奈良市から少し離れたところにはディープな観光スポットもたくさんあります。そこで今回は、「奈良の木のこと」編集部が選ぶ、奈良の木のぬくもりも感じられる、奈良のおすすめスポットを紹介します。夏の終わり、紅葉の季節など季節の変わり目など是非訪れてみてくださいね。

奈良の人気居酒屋『奈間蔵 栄』

近鉄奈良線の新大宮駅から徒歩2分の『奈間蔵 栄 新大宮店』は、昭和59年から続く奈良の人気居酒屋『奈間蔵(なまくら)』の2号店。奈良県で採れた大和野菜を使った料理や、日本三大地鶏・比内地鶏を備長炭で丁寧に焼き上げた焼き鳥などが自慢のお店です。お店全体が木を基調としており、しっとり落ち着いた雰囲気なので、お一人様でも気兼ねなく入ることができます。特にコラーゲンたっぷりの特製「なまくら鍋」は一度食べてみてほしい逸品。24時間かけて鶏ガラから出汁を取ったスープに、かつお・昆布・にぼしを加え、さらにじっくり煮込んで完成させたスープは絶品ですよ!

INFORMATION
住所 〒630-8115
奈良県奈良市大宮町6-2-11
電話 0742-36-7218
営業時間 営業時間 17:00〜翌1:00(LO12:30)
※定休日 日曜日

奥深い葛の世界をたっぷり味わえる『中井春風堂』

桜の名所であり、秋の紅葉も絶景として知られる奈良県・吉野町に位置する吉野山。神社・寺院も多く、山の中にはさまざまな飲食店が連なっています。そのなかで是非訪れてほしいのが吉野本葛専門店である『葛屋 中井春風堂』。ここでは、吉野本葛菓子の購入や店内での飲食の他、事前申し込みをすると葛切りづくり体験などができます。奈良の木が使用された店内は、趣がありながらもオープンな雰囲気。葛愛溢れる店主・中井孝嘉さんによる葛の話を聴きながら、最高級品「吉野本葛」の奥深さを味わってみてはいかがでしょう?

INFORMATION
住所 〒639-3115
奈良県吉野郡吉野町吉野山545
電話 0746-32-3043
営業時間 10:00-17:00 ※定休日水曜日
※冬期は土日のみ営業

世界文化遺産。木造古建築では日本最大の『金峯山寺』

約425年前に再建され、木造古建築では東大寺大仏殿に次ぐ大きさである吉野山を象徴するお寺『金峯山寺蔵王堂』。ユネスコの世界文化遺産にも登録されている国宝指定の本堂蔵王堂は、68本の自然木の柱が使用されています。杉・檜・松・ツツジなど手触りも模様も形も多様な大木が柱として使用されていることで、奥深い山中にいるような森厳な雰囲気を体現することができます。そんな金峯山寺にせっかく訪れるのであれば、早朝の勤行に参加すべし。お坊さんたちによる般若心経などの読経、リズミカルな鐘や太鼓、力強く美しい音色の法螺貝、それらがお堂に鳴り響くと、まるでロックライブさながらの迫力です。ともに般若心経を唱えることで、清々しい気持ちでその日一日過ごせること間違いなしです。

INFORMATION
住所 〒639-3115
奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
電話 0746-32-8371

超癒しスポット!ミシュランお墨付き『カリー処 プラーナ』

本格的な自然派カレーを気軽に楽しめる『カリー処 プラーナ』。自家製ガラムマサラの香りと飴色玉ねぎの甘味が融合した本格インドカレーや、インド豆や黒米を使った栄養たっぷりで美容にもいいオリジナル雑穀米、要予約のビリヤニ(インド風炊き込みごはん)セットなどさまざまな絶品インド料理を味わうことができる当店。窓から差し込む光や店内の照明でどこか洗練された雰囲気の店内は、全面的に奈良の木が使われており、心にも身体にも優しい癒し空間になっています。「ミシュランガイド2017審査委員特別賞」も受賞し、さらに人気に火がついているプラーナ。カレー好きはスルーできませんよ!

INFORMATION
住所 〒630-0000
奈良県奈良市あやめ池南2-1-48
電話 0742-43-3216
営業時間 昼 11:30-15:00(L.O. 14:00)/
夜 18:00~22:00(L.O. 21:00)
※定休日月曜日、第二火曜日

わざわざ立ち寄りたい、暖かな雰囲気の『スターバックス』

大手コーヒーチェーンの代名詞・スターバックスといえば、建築家の隈研吾さんが手がけた太宰府天満宮表参道店などコンセプトストアなどが有名ですが、奈良県にもわざわざ立ち寄ってほしいスターバックス、あるんです。場所は、昭和9年に建てられた近代化遺産であるJR奈良駅旧駅舎の一角。店内のフロントパネルや壁面のアートワーク、そしてバーカウンターのフロントパネルまで奈良の木材(スギ)が使われており、店内には暖かな雰囲気が漂っています。ほのかなスギの香りも楽しみながら、長く古都奈良の玄関口として親しまれてきた場所で心地よいコーヒータイムを過ごしてみては?

INFORMATION
住所 〒630-8122
奈良県奈良市三条本町1082 奈良市総合観光案内所
電話 0742-25-3820
営業時間 7:00-22:00

文 : 山根由佳

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

レポート記事

名古屋の新スポット「グローバルゲート」に、全国初!吉野スギの天然木シートを使った店舗が登場

JR名古屋駅南側の再開発地区「ささしまライブ24」に、複合施設「グローバルゲート」が誕生。地上36階建て高層タワーと17階建て高層ビルに続いて、4階建ての低層棟と高層タワー5階部分の商業施設が開業。2017年10月5日(木)にグランドオープンしました。商業施設のコンセプトは「GREEN STYLE」。

2017.11.22

特集記事

【特集】せんとくんも登場!代官山蔦屋で開催中<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>の見どころとは?

現在、奈良の木の新たな価値を見出す<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>が東京都・代官山蔦屋書店にて開催中。初日には奈良県のご当地キャラクター・せんとくんが駆けつけ、代官山蔦屋書店が奈良の木に包まれていることをアピールしていました。開催後半の11月16日(木)から19日(日)には日本酒の試飲・販売コーナーやトークショーなどイベントが盛りだくさん。そこで「奈良の木のこと」では、<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>の見どころを大特集でお届けします!

2017.11.14

お知らせ記事

奈良県と代官山蔦屋書店がコラボ!<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>開催決定!

東京都・代官山蔦屋書店で<『奈良の木』のある暮らし〜森からの贈り物〜>が11月1日(水)〜11月19日(日)まで開催決定!期間中は代官山蔦屋書店の各セクションに分かれた館内で、「人文・デザイン・建築・料理・文具・アート・映像」といった、それぞれのテーマに合わせたオリジナルプロダクトが販売されます。

2017.10.24