レポート記事

2017.12.18

【レポート】奈良県×代官山蔦屋書店コラボイベント、奈良の木に包まれた空間でのスギバイオリン演奏会やDIYワークショップで連日大盛況に!

Report: Nara Prefecture × Daikanyama Tsutaya store Collaboration event. A vivid space surrounded with Nara lumber, Cedar wood violin performances, DIY workshops, A huge success!

奈良縣×代官山蔦屋書店聯手舉辦、在充滿著奈良木材的空間裏、吉野杉小提琴演奏會和DIY手工作坊連日盛況空前!

奈良县×代官山蔦屋书店联手举办、在充满着奈良木材的空间里、吉野杉小提琴演奏会和DIY手工作坊连日盛况空前!

[리포트] 나라현×다이칸야마 쓰타야 서점 콜라보레이션 이벤트. 나라의 나무에 둘러싸인 공간에서 삼목으로 만든 바이올린 연주회와 DIY워크숍이 연일 대성황을 이루었습니다.

東京都・代官山蔦屋書店で<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>が11月1日(水)〜11月19日(日)まで開催されました。期間中には書店内の各セクションにて奈良県と代官山蔦屋書店がコラボしたオリジナルプロダクトが販売。開催後半には品薄になっているプロダクトもありました。訪れたお客様のなかでも特に外国の方からの反応が良く、売り切れるプロダクトも多々あり大好評だった様子です。

At the Daikanyama Tsutaya store in Tokyo the event “Life among the trees of Nara, A present from the woods” was held from November 1st (Wed) to the 19th (Sun). Original products made between Nara prefecture and Daikanyama Tsutaya store where on sale throughout each section of the bookstore, and near the end of the event certain products had almost completely sold out. The event was particularly popular with foreign visitors and by the end many of the products had sold out completely making it a huge success.
東京都/代官山蔦屋書店於11月1日(周三)〜11月19日(周日)期間舉辦了“有奈良木材陪伴的生活—來自森林的賜物”活動。活動期間,書店內各個櫃臺都在銷售奈良縣和代官山書店聯手合作的原創產品。活動後半程某些產品已經缺貨。訪客中尤其國外訪客反饋良好、很多產品銷售一空、大受好評。
东京都/代官山蔦屋书店于11月1日(周三)〜11月19日(周日)期间举办了“有奈良木材陪伴的生活—来自森林的赐物”活动。活动期间,书店内各个柜台都在销售奈良县和代官山书店联手合作的原创产品。活动后半程某些产品已经缺货。访客中尤其国外访客反馈良好、很多产品销售一空、大受好评。
도쿄 다이칸야마 쓰타야 서점에서 <‘나라의 나무’가 있는 생활 ~숲이 보내는 선물~>이 11월 1일부터 11월 19일에 걸쳐 개최되었습니다. 이 기간 중 서점내의 각 세션에서는 나라현과 다이칸야마 쓰타야 서점이 콜라보레이션한 오리지널 제품이 판매되었습니다. 이벤트 기간이 끝날 즈음에는 매진직전 제품도 생겼습니다. 방문해주신 손님들 중에서는 외국인 손님들의 반응이 특히 좋았으며 다 팔린 제품도 많아 좋은 평가를 받은 듯합니다.
  • 2号館1階 アートフロア
  • 3号館1階 料理フロア
  • 1号館1階 人文フロア
  • 3号館1階 文具フロア
  • 2号館1階 建築・デザインフロア
  • 1号館2階 映像フロア

11月16日(木)〜19日(日)には代官山蔦屋書店がさらに奈良の木一色に染まりました。多目的スペース「GARDEN GALLERY」内にて、早稲田大学建築学科の学生たちがデザイン・設計した、奈良の木を使った『木質空間』が登場。『木質空間』内では、吉野スギと日本酒の繋がりを紹介したパネルと酒樽の展示、奈良の地酒の飲み比べ、奈良の特産品の販売が行われ、子どもたちが遊べる『木の玉プール』も設置。突如現れた巨大な癒しスペースに、代官山蔦屋書店を行き交う人々が思わず立ち寄り、さまざまな“奈良の木にまつわるかたち”と触れ合っていました。

11月16日(木)〜19日(日)にはイベントやワークショップも連日開催。特別な4日間の初日を盛りあげたのはバイオリン奏者・内田果樹(うちだかんな)さんによる樹齢約270年の吉野スギで製作された『スギバイオリン』の演奏会。通常のバイオリンとの比較演奏なども行われ、華やかで美しい音色が『木質空間』に広がっていました。

同日晩には奈良県川上村の「樽丸職人」春増薰氏と、静岡の若手職人グループ<するがクリエイティブ>代表を務める「挽き物師」百瀬聡文氏によるトークセッションも開催。百瀬氏は、ふだんは外国産の木材でプロダクトを製作しているそうですが、今回の企画を受けて、初めて奈良県産のヒノキを使った作品づくりに挑戦したとのこと。春増氏が考える伝統技巧の伝承の大切さや、スケートボード型の二輪挿しの製作を通じて百瀬氏が感じた奈良の木の魅力などが語られました。

  • 春増薰氏(左)、百瀬聡文氏(右)

17日(金)に行われたトークセッションは、清酒発祥の地、奈良の蔵元「美吉野醸造」杜氏・橋本晃明氏と東京の人気パン屋「365日」オーナー杉窪章匡氏が登壇。今回のイベント期間中、橋本氏の造った銘酒「花巴」を使い、杉窪氏が和食に合うパン 「大和のパン」を作り販売。2人のコラボレーションによって生まれたパンの製造工程や、同じ“発酵”というプロセスを用いる清酒造りとパン造りの違いについてトークが繰り広げられました。

  • 杉窪章匡氏(左)、橋本晃明氏(右)

18日(土)には早稲田大学教授で建築家の古谷誠章氏が司会進行役を務め、荒井正吾奈良県知事と愛媛大学客員教授・村尾行一氏の三者によるトークセッションが開催。吉野材を使った建築デザインを多数生み出してきた古谷氏、ヨーロッパの森林経営の研究をしている村尾氏、そして『スギバイオリン』製作や首都圏への販路開拓など、奈良の木の利用促進に向けたさまざまな施策を打ち出している荒井正吾奈良県知事、三者の視点から日本の林業の過去・現在・未来について語られました。トーク終盤では、就学前からの木育の実現や、エコロジカル且つエコノミカルなビジネスモデルの構築、森林業の普及と担い手の育成など、近い未来で実現していくべき対策が議論され、それぞれの実現に期待が高まるかたちでスペシャルなトークセッションが終わりを迎えました。

  • 荒井正吾奈良県知事(左)、村尾行一氏(中央)、古谷誠章氏(右)

18日(土)、19日(日)にはバターナイフや木琴を作るワークショップも開催。『木質空間』で行われていたこともあり、軽く見学しているうちに自然とワークショップに参加していく方も。突然せんとくんも参加するサプライズもあり、期間中特ににぎわいを見せていました。

大盛況で幕を閉じた<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>。多くの人々の五感を刺激し、奈良の木の魅力を存分に感じていただくことができた19日間になったのではないでしょうか。

取材・文:山根由佳

写真:大石隼人/編集部

奈良の木のことのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他の記事コンテンツ

まとめ記事

吉野スギの魅力が溢れる、暮らしとこころを豊かにするインテリア家具まとめ#奈良の木のある暮らし

新生活が始まってからはや一ヶ月。慣れない職場や新しい環境にストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。そんな時、自宅は自分の時間を楽しむくつろぎの場所であり、こだわりたい空間です。

2018.05.11

まとめ記事

新生活におすすめのプロダクトまとめ!吉野スギ・吉野ヒノキの特徴が光る、贈り物にも喜ばれるアイテム勢揃い

4月は進学や就職、引越しなど、新たな生活が始まる季節。新生活をはじめた人へのお祝いや、周囲へのご挨拶にどんなものを贈るべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのは、老若男女問わずに愛される、木製のシンプルなアイテム。

2018.04.20

レポート/インタビュー記事

<rooms EXPERIENCE 36>に奈良の木ブースが登場。こだわりの技法で家具を生み出すブランド「市 ichi 」と「studio Jig」に吉野スギの魅力を訊く。

アッシュ・ペー・フランスが主催する日本最大級のファッションとデザインの合同展示会<rooms EXPERIENCE 36>が、2月21日(水)~23日(金)の3日間、五反田TOCビルで開催されました。

2018.03.09

  • トップページ
  • マガジン
  • 【レポート】奈良県×代官山蔦屋書店コラボイベント、奈良の木に包まれた空間でのスギバイオリン