奈良の木のこと

マガジン

奈良の木のことに関する情報を日々配信するオリジナルコンテンツ
ヒト・モノ・コトに注目して、深く、鋭く迫ります。

特集記事

【特集】せんとくんも登場!代官山蔦屋で開催中<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>の見どころとは?

現在、奈良の木の新たな価値を見出す<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>が東京都・代官山蔦屋書店にて開催中。初日には奈良県のご当地キャラクター・せんとくんが駆けつけ、代官山蔦屋書店が奈良の木に包まれていることをアピールしていました。開催後半の11月16日(木)から19日(日)には日本酒の試飲・販売コーナーやトークショーなどイベントが盛りだくさん。そこで「奈良の木のこと」では、<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>の見どころを大特集でお届けします!

2017.11.14

お知らせ記事

奈良県と代官山蔦屋書店がコラボ!<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>開催決定!

東京都・代官山蔦屋書店で<『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜>が11月1日(水)〜11月19日(日)まで開催決定!期間中は代官山蔦屋書店の各セクションに分かれた館内で、「人文・デザイン・建築・料理・文具・アート・映像」といった、それぞれのテーマに合わせたオリジナルプロダクトが販売されます。

2017.10.24

お知らせ記事

吉野の山が育む産物<奈良の木マルシェ~山からのおくりもの~>が開催決定!

今月末、10月28日(土)〜29日(日)の2日間にわたり<奈良の木マルシェ~山からのおくりもの~>が道の駅吉野路大淀iセンターで開催されます。

2017.10.13

レポート記事

【フォトレポート】秋の息吹と、奈良の木々を巡る<奈良の木ツアー>が開催!

2017年9月30日(土)、奈良の森と木をめぐる癒しの旅<奈良の木ツアー>が奈良県桜井市と宇陀市で開催されました。談山神社や木造十三重塔といった歴史にゆかりのある木造スポット巡りや、約3000本のカエデが集まる「奈良カエデの郷 ひらら」木造校舎でのお昼ごはん、

2017.10.11

インタビュー記事

吉野材に包まれて過ごし心地良い時間に出会う、2つの場所

木材のまち、吉野町。灯台下暗しという言葉が表すように、総じて身近にあればその良さに気づかず過ごしがちだが、吉野町の人々は違う。吉野材の価値を知り、山や木に感謝して親しむことを、町民が自発的に行う。今回は、様々な取り組みを実践する注目のスポット、上市地区の“ゲストハウス『三奇楼』”と、三茶屋地区の“カフェがある図書スペース『木の子文庫』”を訪れた。

2017.10.06

お知らせ記事

“サンクゼール”“久世福商店”と奈良県がついにコラボ!奈良でしか味わえなかったアレコレが身近に手に入るチャンスかも?

2017年9月28日(木)、奈良県庁で株式会社サンクゼールが全国で初めて地方自治体(奈良県)とパートナーシップ協定を締結しました。

2017.10.06

もっと五感に
響く暮らしへ

木という素材はなぜ、私たちの暮らしにしっくりと馴染むのでしょうか。人が木から感じる癒やし、ぬくもり、美しさは、生命を宿した素材だからこそ。日本では古くからそのような木の価値が大切にされてきました。便利さを追求した現代社会においても、木は人の暮らしを豊かにする素材として注目を集めはじめています。いま、見直されつつある木の良さを一緒に見ていきましょう。