記紀・万葉プロジェクトとは?

記紀・万葉プロジェクトとは?

それは、奈良県が発信する、現代と古代、古代と未来、そして、みなさんひとりひとりが楽しみながら、歴史とのつながりを実感するとりくみです。

平成24(2012)年『古事記』完成1300年から平成32(2020)年『日本書紀』完成1300年というふたつの節目の年をつなぐ9年間にわたるプロジェクトです。『古事記』『日本書紀』が編纂され、数多くの万葉歌が詠まれた地・奈良県では、「記紀・万葉集」をはじめ、そのほか連綿と受けつがれてきた様々な文献、地域の伝承なども含む豊かな歴史素材を活用しながら、多面的にすすめていきます。

  • イメージイラスト

基本理念

『古事記』『日本書紀』『万葉集』のふるさと、奈良県。
そこに生きた人々がつむいできた長く豊かな歴史は、形に残るものはもちろん、目に見えない伝承に至るまで、
その時々の時代の息吹が、今日まで連綿と受け継がれてきたものです。

日本最古の古典であり、現存する最古の書物『古事記』
勅命によりまとめられたわが国最古の史書『日本書紀』
古のさまざまな想いと自然との語らいを伝える『万葉集』

いま、「記紀・万葉プロジェクト」の名のもとに、
『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』に代表されるこれら歴史素材を現代の感覚でひもとき、さまざまな角度で親しみ、楽しみ、味わうことで、先人によって受け継がれてきた豊かな歴史を知り、感謝をこめて、未来へと大切に引き継いでいくことが、現代に生きるわたし達の使命であると考えます。

本プロジェクトは、50年、100年という長期的な視点のもと、
歴史や伝承、ゆかりの地などの魅力を再発見する、「気づく」心、
それら豊かな歴史を「生かし」「味わう」心、
先人がそのままに残してきた、地域のアイデンティティーを「誇りに思う」心、
さらに次世代へとつないでいく「継承」の心。

この「4つの心のキーワード」を奈良県から発信し、
わたし達ひとりひとりが、
「本物の古代と出会い、本物を楽しめる奈良」の実現を目指します。

これが、記紀・万葉プロジェクトの基本理念です。

「記紀・万葉集」をはじめとする文献には、日本文化の源流につながる様々な記述があり、ゆかりの地は全国各地に存在します。
それ故、「記紀・万葉プロジェクト」をきっかけとして、奈良県のみならず日本列島の様々な地域の方々の「自分たちの住む地域の魅力再発見」につながることを目指したいと思います。皆が愛着を持ってふるさとを語るようになれば、日本はもっと豊かな国になるでしょう。本プロジェクトの推進が、我が国を元気にするために本県として貢献できるものとなるよう取り組んで参りたいと思います。


なお、このプロジェクトの「記紀・万葉」とは、『古事記』『日本書紀』『万葉集』および伝承に代表される歴史素材のことを指し、「記紀・万葉集」という場合は、『古事記』『日本書紀』『万葉集』の文献を指します。