長谷寺
東部エリア寺社・仏閣
686年を起源とする。貴族や徳川将軍家の帰依を受けて栄えた。舞台造の本堂(国宝)は17世紀に3代将軍徳川家光公のご寄進により再建された。本尊十一面観音像(重要文化財)は高さ10mを超え、木造の仏像としては日本最大。そのほか、約千点にも及ぶ文化財を所蔵する。仁王門を抜け、本堂へと続く登廊(重要文化財)は399段に渡る石段になっており、天井には楕円形の灯籠が吊られている。また、春は桜・ボタン、夏はアジサイ、秋は紅葉、冬は寒ボタンなど、花の寺としても有名。
172-1.jpg
拝観時間
08:30 ~ 17:00(10~3月は9:00~16:30)
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人500円500円500円500円250円
30人以上450円450円350円350円200円
アクセス情報
住所
〒633-0193 桜井市初瀬731-1
アクセス
最寄り駅からの交通
  近鉄 長谷寺駅
    歩15分
駐車場 :60台
 中型・大型バス 2000円 、 マイクロバス 800円 、 普通車 500円 、 単車 200円
※お身体の不自由な方に、長谷寺駐車場から本堂間の送迎を無料にて承っております。御安心してお越しください。
 (車いす搭載可能な車も常駐しております)
電話番号
0744-47-7001
URL
長谷寺公式ホームページ
172-2.jpg  172-3.jpg  172-4.jpg