談山神社
東部エリア寺社・仏閣
7世紀の政治家で、大貴族藤原氏の祖である藤原鎌足の遺骨をこの地に改葬し、木造十三重塔(重要文化財)を建てたことに始まる。楼門(重要文化財)、本殿(重要文化財)、権殿(重要文化財)をはじめとする朱塗りの華麗な社殿が建ち並ぶ。現在の塔は16世紀再建で高さ17mで、古塔の中では現存唯一の遺構である木造十三重。紅葉の名所としても有名であるが、境内を桜が彩る春、新緑の季節、雪化粧が見事な冬と季節を問わず美しさを堪能することができる。また、毎年4月と11月には蹴鞠祭が行われ、多くの観光客でにぎわう。
169-1.jpg
拝観時間
08:30 ~ 16:30
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人500円500円500円500円250円
20人以上450円450円450円450円200円
50人以上400円400円400円400円200円
修学旅行生は、1人 200円
アクセス情報
住所
〒633-0032 桜井市多武峰319
アクセス
JR・近鉄
桜井駅
談山神社行バス終点下車
歩3分
駐車場 :バス 2000円、他は 無料
電話番号
0744-49-0001
URL
談山神社公式ホームページ
169-2.jpg  169-3.jpg  169-4.jpg