慈光院
西部エリア寺社・仏閣
1663年に大和小泉藩主片桐貞昌が父の菩提を弔うために建立。片桐貞昌は石州流茶道の祖でもある。茅葺き入母屋造りの書院(重要文化財)は簡素ななかにも風格があり、美しい枯山水庭園をもつ。この庭園の白砂とツヅジの大刈込み、大和平野を一望できる借景はあまりにも有名。また、茶室としては、書院の角隅に高林庵(重要文化財)と、閑茶室(重要文化財)がある。抹茶体験や精進料理をいただくこともできる。
138-1.jpg
拝観時間
09:00 ~ 17:00
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人(何れも抹茶付)1000円1000円1000円1000円1000円
30人以上950円950円950円950円950円
アクセス情報
住所
〒639-1042 大和郡山市小泉町865
アクセス
最寄り駅からの交通
  JR 大和小泉駅
    歩15分
  近鉄 郡山駅
    法隆寺行バス乗車、「片桐西小学校」バス停下車すぐ。
駐車場 :乗用車約25台、大型バス約10台(無料)
電話番号
0743-53-3004
URL
慈光院公式ホームページ
138-2.jpg  138-3.jpg  138-4.jpg