夢殿
西部エリア寺社・仏閣
聖徳太子が住んだ宮殿跡に、739年に建てた東院伽藍の中心となる建物。その形は、八角円堂であり、中央の厨子には、聖徳太子等身と伝える秘仏救世観音像が安置されている。なお、夢殿というロマンチックな名称は、聖徳太子の夢に仏が現れて、経典の疑義を解いたという伝説にちなむとされている。
131-1.jpg
 
アクセス情報
住所
生駒郡 斑鳩町
電話番号
URL
夢殿公式ホームページ