東大寺戒壇堂
北部エリア神社・仏閣
754年に唐から来日した高層鑑真が僧の授戒のために開いた。鑑真は、大仏殿の前に特設された戒壇で聖武天皇らに戒を授け、その後、現在地(大仏殿の西方)に戒壇院が建立された。幾度かの火災にあい、現在の戒壇堂は再建されたもの。8世紀の彫刻の傑作、四天王像(国宝)が安置されている。
 
【写真提供】奈良市観光協会
写真提供:奈良市観光協会
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人500円500円500円500円300円
関連リンク
アクセス情報
住所
〒630-8587 奈良市雑司町
アクセス
JR・近鉄
奈良駅
バス大仏殿前下車 歩10分
駐車場 :県営駐車場(有料)
電話番号
0742-22-5511
URL
東大寺戒壇堂公式ホームページ