大安寺
北部エリア神社・仏閣
飛鳥の地で百済大寺、高市大寺、大官大寺と、名と所を変え、国の筆頭寺院として栄える。平城遷都に伴って現在地に移され、大安寺となる。華麗なる大伽藍には887名もの学侶が住して、さながら仏教大学の観を呈し、日本の祇園精舎と讃えられて、我が国仏教の源流をなすといわれた。災禍などで伽藍消失したが、今でも、8世紀作の9体の仏像(いずれも重要文化財)が残る。今日は癌封じの寺として、遠近よりの参詣が絶えない。
 
【写真提供】(下)奈良市観光協会
070-1.jpg
行催事
拝観時間
09:00 ~ 16:30
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人400円400円300円200円100円
30人以上360円360円250円150円50円
特別展/個人500円500円400円300円200円
特別展/30人以上450円450円350円250円150円
アクセス情報
住所
〒630-8133 奈良市大安寺2-18-1
アクセス
JR・近鉄
奈良駅
大安寺・白土町・シャープ前行バス 10分
大安寺下車 歩10分
駐車場 :有(普通車 50台:無料)
電話番号
0742-61-0473
URL
大安寺公式ホームページ
写真提供:奈良市観光協会