法隆寺
西部エリア寺社・仏閣
世界遺産。607年に聖徳太子と推古天皇により創建されたと伝わる。一度焼失したものの、8世紀初頭までには現伽藍が完成し、世界最古の木造建築群として往時の姿を今に伝えている。境内は西院と東院に大きく分かれ、国宝・重要文化財の建築物だけでも55棟に及ぶ。寺の中心である西院には、五重塔(国宝)と金堂(国宝)が並び、中門(国宝)と大講堂(国宝)をつないで回廊(国宝)が囲む。東に向かって東大門(国宝)を抜けたところに夢殿(国宝)のある東院が広がる。また、百済観音像や釈迦三尊像など、優れた仏教美術品を多数所蔵しており、その数は国宝だけで115点、重要文化財では1960点にもなる。なお、その建築物や仏教美術品には、中国や朝鮮半島だけでなく、遠くギリシアの影響も見られる。
128-1.jpg
拝観時間
08:00 ~ 17:00(11月4日~2月21日は16:30まで)
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人1500円1500円1500円1500円750円
30人以上1200円1050円1050円900円600円
アクセス情報
住所
〒636-0115 生駒郡 斑鳩町法隆寺山内1-1
アクセス
最寄り駅からの交通
  JR 法隆寺駅
    法隆寺行バス
    法隆寺門前下車すぐ
  近鉄 筒井駅
    王寺行バス
    法隆寺前下車 歩5分
駐車場 :町営(普通車 600円、大型バス 2800円)
電話番号
0745-75-2555
URL
法隆寺公式ホームページ
128-2.jpg