春     夏     秋     冬  



広橋梅林

広橋梅林は、月ヶ瀬、賀名生と並ぶ奈良県の三大梅林のひとつ。

月ヶ瀬梅渓

月ヶ瀬梅渓は、日本の名勝第一号です。

賀名生梅林

北曽木の丘陵を麓から中腹までおおう梅林。

又兵衛桜

戦国武将後藤又兵衛にちなみ、「又兵衛桜」と呼ばれている。

平城宮跡

広い空間の中で1,000本の桜の木が1つのエリアにまとまって植えられている。

佛隆寺

佛隆寺の桜は、樹齢900年のエドヒガン桜の大木で、県指定天然記念物です。

奈良公園

奈良公園では、春には桜、秋には燃え立つような紅葉が楽しめる。

大野寺

小糸しだれ桜の古木2本と、およそ100年の樹齢の紅しだれ桜30本が華やかに咲き誇る。

大中公園(高田川沿い)

公園や隣を流れる高田川には、数種類の桜が植えられている。

佐保川

奈良市内に流れる佐保川。

郡山城跡

郡山城跡は日本さくら名所100選にも選ばれた。

吉野山

日本の桜の名所といえば、吉野の桜。

奥香落渓谷(屏風岩)

目の前にそびえ立つ巨大な屏風のような岩。

サクラソウ

高鴨神社

京都の上賀茂・下鴨神社をはじめとする全国の賀茂社の総社で、日本最古の神社の1つ。

ツツジ

長岳寺

境内には1,000本のツツジが咲くほか、花のお寺としても有名

神野山

なだらかなスロープを見せる神野山

葛城山

標高960メートルの葛城山は、山頂付近が高原上になっている。

椿

不退寺

境内には四季折々の花が咲き、黄色のれんぎょう、ゆきやなぎ、桜、山つつじと色とりどりでとても綺麗です。

白毫寺

奈良三名椿の一つとして知られる五色椿は、一本の木から紅・白・桃と様々に咲き分ける。県指定天然記念物でもある。

牡丹

長谷寺

399段の登廊から眺める長谷寺の花々はいつ見ても美しい。

金剛寺

4月から5月にかけては100種、1,000株の艶やかなボタンが咲き誇るボタン園が開園される。

當麻寺

二上山の麓にある広い境内には、二つの三重塔など数多くの文化財があり、約5,000株のぼたんの咲く時期には、最も華やかに彩られます。

大山レンゲ

金剛寺

4月から5月にかけては100種、1,000株の艶やかなボタンが咲き誇るボタン園が開園される。

レンギョウ

不退寺

境内には四季折々の花が咲き、黄色のれんぎょう、ゆきやなぎ、桜、山つつじと色とりどりでとても綺麗です。

石楠花

大台ヶ原

春のシャクナゲやシロヤシオ、夏の深緑、秋は紅葉と訪れる方を魅了します。

室生寺

自然石が敷き詰められた石段の鎧板から五重塔にかけて、道の両側には約3,000株に及ぶ淡いピンクのシャクナゲが咲く。

岡寺

境内のいたる所に咲く石楠花。

春日大社

春日大社の藤は、地面に月そうなほど長く成長することから、砂ずりの藤と呼ばれている。

山吹

般若寺

10万本のコスモスが植えられている般若寺は「コスモス寺」の名称で親しまれてるが、春のやまぶきも美しい。



紫陽花

金剛山寺(矢田寺)

矢田寺は「あじさい寺」とも呼ばれています。

長谷寺

399段の登廊から眺める長谷寺の花々はいつ見ても美しい。

般若寺

10万本のコスモスが植えられている般若寺は「コスモス寺」の名称で親しまれてるが、春のやまぶきも美しい。

吉野山

日本の桜の名所といえば、吉野の桜。

バラ

霊山寺

境内にある4,000㎡のばら庭園には、200種類以上2,000株のばらが咲き誇ります。

松尾寺

世界各国を原産地とする大輪、中輪、小輪の赤白黄黒ピンク等々のバラが栽培されていています。

おふさ観音

境内を埋め尽くす2,500株、約2,300種類のバラを無料でお楽しみ頂けます。

花菖蒲

柳生花しょうぶ園

旧柳生陣屋敷跡のそばに広がる休耕田を利用して作られた花しょうぶ園。

馬見丘陵公園

広陵町と河合町の両町にまたがる、わが国でも有数の古墳群と、良好な自然環境が残された地域にあります。

花の郷 滝谷花しょうぶ園

約3万3千平方メートルの園内に約600種約100万本が咲き、山里に初夏を告げます。

大和民俗公園

大和民族博物館の東側に水車小屋があり、そこには、60種類、約1万株の花菖蒲が咲きます。

薬師寺

薬師寺の境内には蓮の鉢が245鉢ある。

喜光寺

約100種、200鉢の花蓮の鉢が境内を覆いつくします。



ススキ

曽爾高原

約38ヘクタールある曽爾高原は、秋になるとススキで覆われる。

葛城山

標高960メートルの葛城山は、山頂付近が高原上になっている。

コスモス

柳生街道

柳生街道は、奈良市高畑から東へ、春日山原始林のなかを柳生の里へ続く道である。

斑鳩

法起寺の近くの休耕田でコスモスが咲く。法起寺の三重塔と見るコスモスは趣深い。

安倍文殊院

コスモス迷路は、世界の約30品種のコスモスで迷路を作ったもので、迷いながら花を楽しめる趣向です。

般若寺

10万本のコスモスが植えられている般若寺は「コスモス寺」の名称で親しまれてるが、春のやまぶきも美しい。

紅葉

柳生街道

柳生街道は、奈良市高畑から東へ、春日山原始林のなかを柳生の里へ続く道である。

鳥見山公園

鳥見山(735m)の頂上近くにある高原状の自然公園。

談山神社

正暦寺

約3,000本 境内には楓が多く、奈良屈指の紅葉の名所として名高い

信貴山朝護孫子寺

樹齢約500年の大イチョウがとても美しく色づきます。

山の辺の道

桜井市と天理市を通る、日本最古の幹線道路

三峰山

奈良県、三重県にまたがってそびえる三峰山。

みたらい渓谷

名水の郷、天川村を代表する景勝地。

長谷寺

399段の登廊から眺める長谷寺の花々はいつ見ても美しい。

神野山

なだらかなスロープを見せる神野山

奈良公園

奈良公園では、春には桜、秋には燃え立つような紅葉が楽しめる。

吉野山

日本の桜の名所といえば、吉野の桜。

元興寺

ピンクと白の萩の花が、境内を彩ります。

白毫寺

奈良三名椿の一つとして知られる五色椿は、一本の木から紅・白・桃と様々に咲き分ける。県指定天然記念物でもある。

彼岸花

明日香

明日香稲渕の棚田に彼岸花が咲き、緑と赤のコントラストが美しく映えます。

佛隆寺

佛隆寺の桜は、樹齢900年のエドヒガン桜の大木で、県指定天然記念物です。



寒牡丹

石光寺

300株、36種類の寒牡丹が咲く。

長谷寺

399段の登廊から眺める長谷寺の花々はいつ見ても美しい。

霧氷

高見山

高見山は、奈良県と三重県の県境にそびえる美しいピラミッド型をした標高1,249mの山である。

金剛山

奈良、大阪、和歌山にまたがる葛城山脈の主峰。標高1125メートル。

三峰山

奈良県、三重県にまたがってそびえる三峰山。