飛鳥寺
東部エリア寺社・仏閣
596年、仏教を保護した蘇我馬子の発願により日本初の本格的寺院として完成。その建立には朝鮮半島の百済から派遣された職人の協力がある。平城京遷都に伴い奈良の地に移転され元興寺となる。現在の本堂は後年に再建されたもの。本尊の銅造釈迦如来坐像(重要文化財)は7世紀初頭の作で日本最古の仏像。飛鳥大仏の名で親しまれる。
157-1.jpg
拝観時間
09:00 ~ 17:30(10月~3月は17:00まで)※受付は各15分前まで
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人350円350円250円250円200円
30人以上320円320円220円220円170円
アクセス情報
住所
〒634-0103 高市郡 明日香村飛鳥682
アクセス
最寄り駅からの交通
  近鉄 橿原神宮前駅
    東口から明日香周遊バス 飛鳥大仏前下車 歩1分
駐車場:有(20台)
バス大型:3000円、中型:2000円、普通:500円
電話番号
0744-54-2126
URL
飛鳥寺公式ホームページ
157-2.jpg  157-3.jpg