興福寺東金堂
北部エリア神社・仏閣
726年、聖武天皇の発願で建立されたが、幾度かの被災・再建を繰り返し、1415年に創建当時の様式を用いて再建された。かつて興福寺にあった3つの金堂のうち、東に位置する。堂内には、本尊薬師如来像(重要文化財)、脇侍日光・月光菩薩像(重要文化財)、十二神将像(国宝)、四天王像(国宝)、文殊菩薩像(国宝)、維摩居士像(国宝)等が安置されている。
 
【写真提供】(下)奈良市観光協会
045-1.jpg
拝観時間
09:00 ~ 17:00
(入堂締切16:30)
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
個人300円300円200円200円100円
個人/30人以上250円250円150円150円90円
関連リンク
アクセス情報
住所
〒630-8213 奈良市登大路町48
アクセス
最寄り駅からの交通
  JR 奈良駅
    市内循環バス県庁前下車すぐ
  近鉄 奈良駅
    歩5分
電話番号
0742-22-7755
URL
興福寺東金堂公式ホームページ
写真提供:奈良市観光協会