薬師寺
北部エリア寺社・仏閣
世界遺産。天武天皇が皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を願い造営が始められ、藤原京に完成。平城遷都に伴い、718年、現在地に移築されたと伝わる。16世紀に兵火に焼かれて灰となり、東塔(国宝)を残すのみとなったが、現在、伽藍復興により、金堂に始まり、以後、西塔などの伽藍が次々と再建されている。創建当時の唯一の遺構である東塔と、朱塗りの欄干、など建立当時の華やかさを窺い知ることができる西塔のコントラストは印象的。寺宝としては国宝の吉祥天女画像や薬師三尊像などがあげられる。写経体験もできる。なお、東塔は、解体修理のため、当面の間、拝観できない。
 
【写真提供】(上)奈良市観光協会
写真提供:奈良市観光協会
拝観時間
08:30 ~ 17:00
(但し入山申込受付は午後4時半まで)
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
玄奘三蔵院公開日800円800円700円700円300円
通常参拝日500円500円400円400円200円
大宝蔵殿特別拝観料500円500円500円500円
玄奘三蔵院伽藍公開日と非公開日では、拝観料が異なりますのでご注意ください。
アクセス情報
住所
〒630-8563 奈良市西ノ京町457
アクセス
最寄り駅からの交通
  JR 奈良駅
    六条山行バス18分 薬師寺下車すぐ
  近鉄 西の京駅下車すぐ
【駐車場:100台】
大型バス:2200円 、 マイクロバス:2000円 、 普通車:500円 、 二輪車:100円
電話番号
0742-33-6001
URL
薬師寺公式ホームページ
114-2.jpg  114-3.jpg  114-4.jpg