興福寺
北部エリア寺社・仏閣
世界遺産。710年平城遷都に伴い、当時の大貴族藤原不比等によって現在の地に移され、興福寺と名付けられた。以降、藤原氏の氏寺として大いに繁栄した。1180年に戦乱により焼失した堂塔は、すぐに復興を遂げるが、その後、1717年の火災によって、伽藍の西半分を失った。境内には五重塔(15世紀再建・国宝。日本で2番目に高い五重塔)、北円堂(13世紀再建・国宝)、東金堂(15世紀再建・国宝)、南円堂(18世紀再建・重要文化財)、国宝館などが立っている法相宗の大本山。また多くの仏教彫刻の名品を多く所蔵している。とりわけ、阿修羅像は日本国内での仏像ブームを巻き起こした。
 
【写真提供】(上、下中、下右)奈良市観光協会
044-1.jpg
拝観時間
拝観時間 :09:00 ~ 17:00
 
拝観料
大 人大 学高 校中 学小 学
国宝館/個人600円600円500円500円200円
国宝館/30人以上500円500円400円400円150円
東金堂/個人300円300円200円200円100円
東金堂/30人以上250円250円150円150円90円
国宝館・東金堂連帯共通券800円800円600円600円250円
アクセス情報
住所
〒630-8213 奈良市登大路町48
アクセス
最寄り駅からの交通
  JR 奈良駅
    市内循環バス県庁前下車すぐ
  近鉄 奈良駅
    歩5分
【駐車場:普通車67台、バス8台】
普通車1000円、 バス2500円、 マイクロバス2500円、 タクシー500円、 回送800円
電話番号
0742-22-7755
URL
興福寺公式ホームページ
044-2.jpg  044-3.jpg  044-4.jpg