入浴マナー

温泉では、成分を利用し身体を癒したり、熱いお湯にゆったり浸かることで、心も体もリフレッシュできます。
そのためには、マナーを守ることも大切です。
ここでは、一般的な入浴の手順にそって説明します。

1. 服を脱ぐ

脱衣所で服を脱ぎます。水着などは着用せず、裸で入浴します。

2. かけ湯をする

温泉の温度に身体を慣らすために、体にお湯をかけましょう。体の表面の汚れを流す意味もあります。

3. 入浴する

湯船にタオルをつけるとお湯が汚れてしまうので、付けないようにしましょう。
特に体を洗った後のタオルは注意しましょう。また、長い髪はまとめておき、お湯に浸らないようにしましょう。
浴槽の中で身体を洗ったり、ひげを剃ったりしてはいけません。

4. 洗う

身体を洗うときは、座って洗います。周りの人にシャワーがあたったり、泡が飛ばないように配慮しましょう。

5. 入浴する

湯船にタオルをつけるとお湯が汚れてしまうので、付けないようにしましょう。
特に体を洗った後のタオルは注意しましょう。また、長い髪はまとめておき、お湯に浸らないようにしましょう。
綺麗になったら、もう一度入浴します。

6. 服を着る

脱衣所に上がる前に、身体をタオルで拭いておきましょう。

注意事項

・温泉によっては、入れ墨のある方は入浴できない決まりになっていることがあります。
 日本では入れ墨は暴力的なイメージがあるからです。入れ墨のある方は、事前に確認しましょう。

・タオルは借りられますが、日帰り利用では有料のところもあります。