新型コロナ感染事例発生を受けての注意喚起

新型コロナ感染事例発生を受けての注意喚起

(感染経路の推定と対策)

内容

7月4日に奈良県内で38日ぶりとなる新型コロナウイルスの感染者が確認され、7月7日までの4日間で計6例の感染者が確認されています。
県では、この6例について、行動履歴等から感染経路の推定を行い、得られた教訓を、「うつらない」「うつさない」ための注意としてまとめました。

別添資料の推定経路毎の注意事項をご確認いただいて、県民の皆さま一人ひとりが「うつらない」「うつさない」ことによる、感染拡大防止に向けた取り組みにご協力をお願いします。




この件に関して詳しくはこちらへ